ハリウッド版『モンスターハンター』中国で批判殺到したセリフ、日本の配給は「対応検討中」

映画『モンスターハンター』より
映画『モンスターハンター』より - (c) Constantin Film Verleih GmbH.

 4日より中国で公開されたハリウッド実写版『モンスターハンター』が、劇中のあるセリフが人種差別的だと批判殺到した影響で公開中止となった件について、日本配給を行う東宝と東和ピクチャーズは、「製作幹事のコンスタンティン・フィルム社に対応をお任せしています」とし、日本での対応について「検討中です」と回答した。

【動画】ハリウッド実写版『モンスターハンター』本予告編

 アメリカや日本に先駆け、中国で封切られた本作。問題となったのは、アジア系アメリカ人ラッパー・俳優のオウヤン・ジンと共演者が「俺の膝を見て。どんな種類の膝(ニーズ)だ? 中国人(チャイニーズ)。(Look at my knees. What kind of knees are these? Chinese.)」とジョークを放つシーン。この韻を踏んだ一連のシーンが、アジア系の子供たちを侮辱するあそび歌「Chinese, Japanese, dirty knees, Look at these(中国人、日本人、汚い膝、これを見て)」を想起させるものだとして、SNS上で批判の声が相次いだ。

[PR]

 この件について、コンスタンティン・フィルムは現地時間6日、中国の観客に対する謝罪のコメントを発表。「『モンスターハンター』の冒頭シーンにあった一連のセリフについて、中国の観客の皆さんに心よりお詫び申し上げます。中国の人々を差別したり、侮辱したり、気分を害させたりするつもりは一切ありませんでした。コンスタンティン・フィルムは中国の観客の皆さんが表明した懸念をしっかりと聞き、この意図しない誤解につながったセリフを削除しました」と問題のセリフへの対応を明かしている。この対応を受け、中国で映画が上映再開となるのかは、現時点で明らかになっていない。

 『モンスターハンター』は、カプコンの大ヒットゲームを『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督で実写化したアクション映画。全米は12月25日、日本は2021年3月26日より公開予定。(編集部・倉本拓弥)

名曲「英雄の証」流れる!映画『モンスターハンター』本予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]