ADVERTISEMENT

今夜『スカイスクレイパー』地上波初放送!吹き替え声優・あらすじ・キャスト振り返り

(C) 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

 ドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画『スカイスクレイパー』(2018)が、フジテレビ系・土曜プレミアムにて今夜19日21時より(一部地域を除く)本編ノーカットで地上波初放送される。気になる吹き替え声優や魅力的なキャスト、あらすじを振り返る。

ロック様に怖いものは無い!?『スカイスクレイパー』インタビュー【動画】

 『ワイルド・スピード』シリーズなどの肉体派で“ロック様”の愛称で親しまれているドウェイン・ジョンソン。『セントラル・インテリジェンス』のローソン・マーシャル・サーバー監督と再びタッグを組んだ本作では、世界最高峰の超高層ビルを舞台にした命懸けの救出劇が描かれる。

ADVERTISEMENT

 ドウェインが演じる主人公ウィルは、FBI人質救出部隊のリーダーだった人物。ある事件で義足になったのをきっかけに、超高層ハイテクビル「ザ・パール」に家族と住みながら、ビルのセキュリティシステムを調査する仕事に就いていた。だが、突如ザ・パールで大規模な火災が発生し、なぜかウィルが事件の容疑者として指名手配されてしまう。真犯人の目的な何なのか? ウィルは警察に追われながらも、ビル内に閉じ込められた家族を救うため、決死の肉弾戦を繰り広げる。

 ウィルの吹き替えは、『ジュマンジ』シリーズなど多くの作品でドウェインの声を担当している楠大典。ウィルの妻サラを演じるネーヴ・キャンベルには、『スクリーム』シリーズでもネーヴの吹き替えを務めている根谷美智子が声をあてた。ウィルとサラの子供であるヘンリー(ノア・コットレル)とジョージア(マッケンナ・ロバーツ)は、関和香森川美咲

 ウィルの友人ベン役(パブロ・シュレイバー)は赤坂柾之、ビルのオーナーであるジャオ役(チン・ハン)は上田燿司、保険会社のピアース役(ノア・テイラー)は唐沢龍之介、ブラックレザーに身を包んだシア役(ハンナ・クィンリヴァン)は池田朋子、ボタ役(ローランド・ムーラー)は山内健嗣が務めている。

 ドウェインの鍛え上げられた肉体から繰り出されるアクションは、危機一髪の連続。ドキドキ、ハラハラすること請け合いだ。(編集部・小松芙未)

ロック様に怖いものは無い!? 映画『スカイスクレイパー』単独インタビュー » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT