浜辺美波「約ネバ」実写化に不安も「壁は乗り越えられる」エマから勇気もらう

映画『約束のネバーランド』で主人公のエマを演じた浜辺美波
映画『約束のネバーランド』で主人公のエマを演じた浜辺美波

 女優の浜辺美波が18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『約束のネバーランド』の初日舞台あいさつに出席し、人気コミックの実写化作品ということで不安もあったことを明かしつつ、演じた主人公のエマから「諦めなければ壁は乗り越えられる」と勇気を得たことを振り返った。舞台あいさつには共演者の城桧吏板垣李光人渡辺直美北川景子、監督を務めた平川雄一朗も登壇した。

浜辺美波&北川景子が美の競演!舞台あいさつの様子【写真】

 「週刊少年ジャンプ」で連載された同名人気コミックを実写映画化した本作。「グレイス=フィールドハウス」という児童養護施設で幸せに暮らしていた子どもたちが、自分たちが鬼の食料になることに気づき決死の脱出に挑む姿が描かれる。

[PR]

 公開初日を迎えたこの日、作品のタイトルにちなんで、来年への“約束”を問われると「ふっ軽」とフリップを出した浜辺。北川や渡辺が不思議そうな顔を浮かべると、城や板垣が「フットワークが軽いということだよね」と説明。浜辺は劇中では、天真爛漫な性格の主人公・エマを演じたが、実生活では「普段は鉛のように足が重く、仕事がないときはとてつもなくインドア派なんです」と打ち明ける。

 浜辺は「これまでは、休みだ! となると、人から誘われても忙しいふりして断ったりしていたのですが、それを直したいです」と宣言。続けて「今はあまり旅行などもできませんが、1日でも時間ができたら、すぐにフットワーク軽く飛び出していけるように。一番行きたいのは北海道です」と野望を述べた。

 そんな浜辺が単行本を揃えるほどに魅了されたという「約束のネバーランド」。その映像化作品で主人公役を担うことに「実写化の話を聞いたときは驚いて、自分にできるのかなという不安がほかの実写作品よりありました。でも、エマを演じたことにより、諦めなければ壁は乗り越えられるんだと、私自身も勇気がもらえました」と思いを語った。(磯部正和)

映画『約束のネバーランド』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]