ADVERTISEMENT

岩田剛典『名も無き世界のエンドロール』その後を描くオリジナルドラマ配信!

映画『名も無き世界のエンドロール』その後を描く!
映画『名も無き世界のエンドロール』その後を描く! - (C) 行成薫/集英社 (C) 映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会 (C) エイベックス通信放送

 岩田剛典新田真剣佑が共演する映画『名も無き世界のエンドロール』のその後の物語を描くオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」が、映画公開日となる2021年1月29日より映像配信サービス「dTV」にて独占配信されることが明らかになった。

岩田剛典&金子ノブアキが銃を向け合う…場面カット【写真】

 岩田と新田が表裏一体のバディを演じる『名も無き世界のエンドロール』は、第25回小説すばる新人賞を受賞した同名小説を原作に、表と裏の社会でのし上がった幼なじみのキダ(岩田)やマコト(新田)たちの運命を描くサスペンス。監督を『ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市が担当している。

ADVERTISEMENT

 今回、映画の公開と同日の1月29日より全3話のオリジナルドラマが配信されることが決定。ドラマでは映画のラストから半年後の世界を舞台に、闇の交渉屋として生きるキダが、幼なじみしか知らないはずのある言葉を放つ謎の女性との出会いをきっかけに自らの運命と対峙していく様が描かれる。岩田が主演を務め、新田、山田杏奈石丸謙二郎柄本明という映画キャストに加えて、ドラマオリジナルキャストとして謎の女性・ミチル役で松井愛莉、裏組織のトップ・ケイ役で金子ノブアキが出演することも明かされた。

 松井は「普段は明るく振る舞うミチルですが、抱えている過去、そしてミチルを取り巻く世界は闇が深いです。それでもキダと出会い、世界を変えようともがくミチルの葛藤を表現できるようにしました。闇の部分がここまでどん底くらい深い役は自分自身演じたことがなかったので不安でしたが監督と沢山話し合い、精一杯ミチルを演じました」とコメント。また、金子は岩田との共演について「初共演ではないので、信頼して身も心も預けることができたと思います。素晴らしい座長です」と称賛の言葉を送っている。

 発表とあわせて公開された特報映像では、キダとケイが銃を構えて向き合う緊迫感あふれるシーンなどが切り取られている。(編集部・大内啓輔)

オリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」(全3話)は2021年1月29日よる9時よりdTVにて独占配信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT