今夜「24 JAPAN」第11話!獅堂が拉致したテッド福井の正体は?

テッド福井(左)は何者…?
テッド福井(左)は何者…? - (c) 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 唐沢寿明主演で大ヒット米ドラマ「24 TWENTY FOUR」をリメイクした「24 JAPAN」(テレビ朝日系)の第11話が、18日午後11時15分から放送される。午前10時から午前11時までの出来事を描く第11話では、主人公・獅堂現馬が、暗殺計画への関与が疑われる投資会社の社長から、誘拐された妻や娘の居場所を聞き出そうと試みる。(以下、第10話のネタバレを一部含みます)

【画像】謎の男・神林民三にも新たな命令が…

 「24 JAPAN」はオリジナル版のシーズン1をベースに、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班に所属する獅堂現馬(唐沢)が、女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止すべくテロリストに立ち向かうサスペンスドラマ。第10話では、朝倉暗殺の実行犯と間違われ、逃亡を続ける獅堂が、警察の包囲網を掻い潜りながら、暗殺計画に関わっていると思われる投資会社の社長・テッド福井(飯田基祐)に接触することを決断した。

[PR]

 獅堂はドライバーになりすまし、テッド福井を拉致。謎の男・神林民三(高橋和也)に誘拐された妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)の居場所を聞き出そうとするが、テッドは知らぬ存ぜぬの一点張りで、暗殺計画の関係者との接点についてもシラを切り通す。

 一方、墜落した旅客機の搭乗者データを分析していたCTUの暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、暗殺未遂騒ぎのあった現場から逃亡したカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)の名前がデータから消されていたことを発見。皆川は墜落事件の犠牲となり、騒動の何時間も前に亡くなっていたことから、謎は深まるばかりで……。

 やがて獅堂は、テッドがある男と落ち合う約束をしていたことを知る。部下の水石伊月(栗山千明)に男の素性を調査するよう依頼すると同時に、自らその人物にに会おうとする獅堂。ところがその矢先、テッドがナイフを手に獅堂を襲撃し、「すべては自業自得。報いを受けろ!」と不穏な言葉を浴びせる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]