リリー・フランキー、志尊淳、前田旺志郎『キネマの神様』に出演!

前田旺志郎、リリー・フランキー、志尊淳
前田旺志郎、リリー・フランキー、志尊淳 - (C) 2021「キネマの神様」製作委員会

 沢田研二菅田将暉主演の映画『キネマの神様』(2021年4月16日公開)に、リリー・フランキー志尊淳前田旺志郎が出演することが決定した。3人とも山田洋次監督作品に出演するのは本作が初となる。

【動画】映画への情熱!『キネマの神様』特報

 原作は原田マハによる同名小説で、“映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語を描く。ギャンブル狂いで家族にも見捨てられいるが映画を愛するゴウを沢田、若き日のゴウを菅田が演じる。永野芽郁野田洋次郎北川景子寺島しのぶ宮本信子をはじめとした豪華キャストが共演する。

[PR]

 リリーは、1950~60年代の日本映画黄金期に活躍した、助監督のゴウ(菅田)が師匠とする映画監督・出水宏を演じる。リリーは、「山田洋次監督、沢田研二さん、志村けんさん。僕の憧れのスターの方々と、同じフィルムの中に存在できたことが、幸福です」と喜ぶ。

 志尊は、テラシン(小林稔侍)が経営する映画館「テアトル銀幕」でアルバイトをするイマドキの青年・水川役を担う。志尊は、「自分の人生において、山田洋次監督作品に出演させていただけることがあるなんて思ってもいませんでした。スタジオに入った瞬間から感じる、緊張感、繊細さ、熱量。全てにおいて貴重な時間でした」とコメントを寄せている。

 前田は、落ちぶれたゴウ(沢田)が持っていた才能を再び見出す、孫の勇太役を務める。前田は、「お話をいただいた時、自分がまさか山田洋次監督作品に携われる日が来るなんて思ってもいなかったので、ものすごくテンションが上がりました。現場はもちろん、本読みの時からたくさんのご指導をいただいて大変勉強になりました。正直、山田監督は厳しかったです。しかし、それは僕にだけではなく自分自身に対してもで、映画を作る事への一切妥協しないあの姿勢は映画への愛に溢れており、心の底からリスペクトしています。改めてこんな素敵な作品に出演できたことが嬉しいですし、多くの人に観ていただきたいと思います」と語っている。(編集部・梅山富美子)

沢田研二×菅田将暉ダブル主演『キネマの神様』特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]