21年後期の朝ドラ、ヒロインは上白石萌音・深津絵里・川栄李奈

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインが上白石萌音深津絵里川栄李奈に決定した。

【画像】「カムカムエヴリバディ」番組ロゴ

 本作は、朝ドラ史上初めて3人のヒロインとなる安子、るい、ひなたが織りなす100年のファミリーストーリー。ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・母・娘、3世代のヒロインに小さな奇跡が訪れる。「ちりとてちん」を手掛けた藤本有紀によるオリジナル作品で、上白石と川栄は3,061人の応募者からオーディションで選ばれた。

[PR]

 朝ドラ初出演で、安子役を射止めた上白石は「連続テレビ小説への出演はずっと大きな目標」だったといい、「大好きな『英語』と『ラジオ』で紡がれるこの作品で夢が叶うこと、本当にうれしく思います」と喜び。「深津絵里さん、川栄李奈さんへと続くリレーの第一走者として、しっかりバトンをおつなぎできますよう、そして皆様の朝を明るく照らせますよう、誠心誠意務めます」と意気込んだ。

 安子の娘で2代目ヒロイン・るいを演じる深津も、朝ドラ初出演で「この度、105作目のヒロインを務めることになりました。105という数字の重みに責任を感じています。これまで、おひとりでヒロインを務めてこられた方々の覚悟を想像すると、尊敬の念しかありません。でも、今回は3人です! あふれる魅力全開の、萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものなし! とてもとても心強いです」とコメント。

 るいの娘、3代目ヒロインのひなた役を務める川栄は「とと姉ちゃん」に続いての朝ドラとなり、「朝ドラヒロインは一つの大きな夢であり、何度もオーディションに参加させて頂きました。受かるまで受け続けようという気持ちでいて、今回も自分の全力を出し切って結果を待っていたので受かったと聞いたときは信じられないほどうれしかったです」と心境を明かしている。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]