岡田准一と堤真一が対峙!『ザ・ファブル』場面カット

堤真一と岡田准一
堤真一と岡田准一 - (C) 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

 岡田准一主演の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021年2月5日公開)から、堤真一演じる宇津帆の姿を捉えた場面カットが公開された。

【写真】堤真一演じるファブル最大の敵・宇津帆!

 累計発行部数800万部の人気を誇る南勝久原作のコミック「ザ・ファブル」を映画化した『ザ・ファブル』(2019)の続編となる本作は、佐藤アキラという偽名を使い一般人のフリをしてデザイン会社・オクトパスでバイト暮らしをしている伝説の殺し屋“ファブル”(岡田)が主人公。堤は、表向きは「子供たちを危険から守る」NPO団体の代表として活動するも、裏では綿密な計画で金持ちの親に過保護に育てられた子供を巧妙に探り当て、金を脅し取っては消すという冷徹な犯罪者・宇津帆役を担っている。

[PR]

 公開されたのは、ファブル最大の敵としてはだかる宇津帆の姿を捉えた場面カット。かつてファブルの標的になりながら唯一逃げ切った宇津帆は、弟を殺されたことへの復讐に燃えており、ファブルにとっても因縁が残る敵となっている。アキラのバイト先に発注したチラシを何も知らずにアキラが届けにきた際に、二人が思わぬ形で初めて劇中で直接対面するシーンや、少女・ヒナコ(平手友梨奈)の車椅子を押す様子も見ることができる。

 岡田と堤は、『フライ,ダディ,フライ』、『SP』シリーズ、『海賊とよばれた男』など数多くの作品で共演。岡田は「キャリアの節目になる作品でご一緒させていただいてきた堤真一さんにご出演いただけたことにご縁を感じる」と語り、一方の堤は、「師範になられてましたね(笑)」と主演兼ファイトコレオグラファーを務める岡田の様子を振り返る。「今回もそうですが、共演の度に岡田君のおかげでいろいろな役に出会わせてもらってる気がします」とコメントし、「ここまで振り切った悪党の役をやったことは無かったので、これは自分にとって大きな挑戦になる」と意気込んでいる。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]