永野芽郁が戦うOLに!バカリズム脚本『地獄の花園』5月公開

こんな永野芽郁、見たことない!
こんな永野芽郁、見たことない! - (C) 2021『地獄の花園』製作委員会

 女優・永野芽郁が主演を務める映画『地獄の花園』が5月に公開されることが明らかになった。あわせてティザービジュアルと特報映像も公開された。

永野芽郁が地上最強のOLに成り上がる!?『地獄の花園』特報【動画】

 『架空OL日記』などのバカリズムがオリジナル脚本を手掛ける本作。普通のOL生活を送る直子(永野)の職場に一人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことから、全国のOLたちを巻き込んだ空前絶後のOLバトルロワイヤルが繰り広げられる。Perfumeサカナクション星野源などの人気アーティストのミュージックビデオを手掛け、バカリズムとはドラマ「かもしれない女優たち」でもタッグを組んだ関和亮がメガホンを取る。

[PR]

 今回公開された特報映像は、直子がごくごく普通のOL生活を送っている姿からスタート。そこから一変、特攻服を着たヤンキー姿のOLたちが熾烈な争いを繰り広げたり、両脇に裸にサスペンダー姿の色男を携えてバラの花びらを浴びる艶やかな謎の女が登場したりと、怒涛の展開が続く。最後には、永野が「寝言こいてんじゃねぇよ、ブス!」という強烈なセリフを吐く驚きの姿も収められている。

 劇中では本格的なワイヤーアクションを駆使した肉弾戦アクションにも挑戦したという永野。ティザービジュアルでも可憐な笑顔とともに、ガンを飛ばす凄みのある姿を披露している。(編集部・大内啓輔)

永野芽郁(主演)コメント

ごく普通のOLライフに憧れる直子という役を演じておりますが、「なにを言っているんだろう」と思ってしまうほど暴言も吐いています。普段の生活ではなじみのない言葉なので、イントネーションや言葉の吐き捨て方など、合っているのか全くわからず(笑)。そういう点では苦労しましたね。撮影現場はずっと笑いが絶えなかったですし、監督・スタッフそして他の出演者の方みんなで面白い作品になるよう一生懸命頑張りました。きっと今までに見たことのない私をお見せできると思いますし、今までにない大きな作品になっていると思いますので、楽しみに待っていてください。

バカリズム(脚本)コメント

今回、「女性のヤンキーものを書いてほしい」というオファーをいただき、最初は女子高生のバイオレンスな話を書いていたのですが、もっと非現実的でバカバカしくするために関監督に「設定をOLしませんか?」と提案したところ、「面白いですね!」と乗っていただき、そこから関監督の演出でより壮大なバカバカしい映画になりました。これまで関監督とはいろんな作品でご一緒させていただいていますが、一番バカバカしさに振り切った笑える作品になっていると思います。

永野芽郁が地上最強のOLに成り上がる!?脚本はバカリズム『地獄の花園』特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]