「麒麟がくる」HiHi Jets井上瑞稀、初登場!織田信忠役に「覚悟をもって、堂々と」

「麒麟がくる」織田信忠役の井上瑞稀
「麒麟がくる」織田信忠役の井上瑞稀 - (C)NHK

 3日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第39回で初登場した織田信長の長男・信忠役の井上瑞稀HiHi Jets/ジャニーズ Jr.)が撮影を振り返り、「大河は、すごい役者さんたちばかりなので圧倒されてしまいそうになりますが、信長の長男らしく見えるように頑張りました」と語った。

HiHi Jets井上瑞稀、吉高由里子と共演!【写真】

 本作で大河初出演を果たした井上は「大河ドラマ出演がずっと夢でした。出演が決まったとき、うれしい気持ちもすごくあったのですが、本当に出演するのか、なかなか信じられなくて……台本を受け取ったときにやっと実感が沸いてきました。大河ドラマはもちろん、時代劇もはじめてなので、最初はとても緊張しました。言葉づかいや、歩き方・姿勢などの所作など、とても難しかったです」とプレッシャーを吐露。「織田信忠は歴史において重要な人物ですので、演じることはとてもプレッシャーでした。あの帰蝶に育てられ、父・信長の背中を見ながら成長した信忠なので、その覚悟をもって、堂々と演じたいと思います」と大役を担う重みをかみしめると共に、意気込みを語る。

[PR]

 第39回「本願寺を叩け」では、戦果をあげる信長(染谷将太)が朝廷より武士としては最も高い冠位を授けられる一方で、大納言・三条西実澄(さんじょうにし・さねずみ/石橋蓮司)は、帝(坂東玉三郎)さえもないがしろにする信長を危険視。大阪本願寺との戦いに疲弊する光秀(長谷川博己)に信長が無茶な要求を突きつけ、光秀が重篤な状態に陥るさまが描かれた。

 井上は本回の撮影を「上座には三条西実澄がいますが、信長と話している間に、ふたりの力関係がしだいに逆転していく張りつめた空気感がそばにいて怖かったです」と述懐。「麒麟がくる」の魅力について「歴史としてのベースも軸にはあるんですけど、キャラクターひとりひとりの感情の動きがすごく分かりやすくて、『信長も同じ人間、帰蝶も同じ人間』と、歴史上の人物に感情移入しやすいドラマだと思います」とアピールしている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]