「ER」看護師マリク役、ディーザー・Dさん死去 55歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします。ディーザー・Dさん
ご冥福をお祈りします。ディーザー・Dさん - Harry Langdon / Getty Images

 米テレビドラマ「ER 緊急救命室」の全15シーズンにわたって看護師マリク・マクグラス役で出演したディーザー・Dさんが現地時間1月7日に亡くなった。55歳だった。

懐かしい…「ER」キャストたちとディーザー・Dさん【画像3枚】

 TMZ.comによると、ディーザーさん(本名ディーロン・トンプソンさん)はロサンゼルスの自宅で意識不明の状態で発見されたとのこと。家族は心臓発作だと考えているらしいが、正式な死因はまだわかっていないという。ディーザーさんは2009年に6時間にわたる心臓手術を受けていたそう。

[PR]

 同ドラマで共演したノア・ワイリーはInstagramで追悼。「昨日、僕は大切な友人を亡くした。何百万人もの『ER 緊急救命室』ファンには看護師マリク・マクグラスとして知られるディーザー・Dが昨日の朝、亡くなった。僕が知っている誰よりも創造的でカリスマ性のある人だった。彼の前向きな考え方は僕らを暗い闇から何度も引き上げてくれた。寂しくなる。彼と残された彼の家族のために祈ってほしい」とつづっている。ほかにも、共演者のジュリアナ・マルグリーズメキー・ファイファーなどがSNSでディーザーさんをしのんだ。

 ディーザーさんは、「ER 緊急救命室」のパイロット版から最終エピソードまで190話に登場したほか、映画『イン・ザ・ミックス』『クラウニング・ジュールズ(原題) / Crowning Jules』などに出演していた。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]