漫画「ブルーピリオド」アニメ化が決定!

「ブルーピリオド」アニメ化
「ブルーピリオド」アニメ化 - (C) 山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会

 人気漫画「ブルーピリオド」が、2021年テレビアニメ化されることが決定した。

 本作は、「月刊アフタヌーン」(講談社)にて連載中、「マンガ大賞2020」を受賞した山口つばさによる人気漫画。高校生・矢口八虎が、一枚の絵に心奪われ、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じ、青春を燃やす姿を描く。

 テレビアニメ化決定にあたり、原作者の山口は、八虎たちが描かれたお祝いイラストを公開。また、「アニメ化は漫画家としての目標の1つだったのでうれしいです。監督さんやスタッフさんなど本当にたくさんのプロの方が関わって『ブルーピリオド』を再解釈、再構築してアニメ作品になるということは、作品が自分の手を離れるというのとはまた違う『ブルーピリオド』という作品をみんなで共有させてもらっているような不思議な感覚があります。あと単純に美大受験を経験した身としては美大受験がアニメになるというのはなんかこうこそばゆいですね。私はワクワクしながらこのアニメ制作の末端に関わらせていただいていますので、皆さんも私と同じように八虎たちがどんな風に動いてどんな風にしゃべるのか一緒にワクワクして待っていただけたら嬉しいです」と喜びのコメントを寄せている。

 さらに、「ブルーピリオド」公式Twitterアカウントがスタートし、公式サイトもオープンした。(編集部・梅山富美子)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]