ベン・アフレック、新ボンドガール女優と破局

10か月の交際にピリオドを打ったベン・アフレックとアナ・デ・アルマス(写真は昨年3月撮影)
10か月の交際にピリオドを打ったベン・アフレックとアナ・デ・アルマス(写真は昨年3月撮影) - BG004 / Bauer-Griffin / GC Images / Getty Images

 映画『ジャスティス・リーグ』のバットマン役などで知られるベン・アフレック(48)と、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でボンドガールを演じる恋人のアナ・デ・アルマス(32)が破局したと、Peopleが報じた。

【画像】美しい…美麗ドレスもキュートなワンピも着こなすアナ

 ベンとアナは、パトリシア・ハイスミスの「水の墓碑銘」を映画化したスリラー『ディープ・ウォーター(原題) / Deep Water』の共演をきっかけに急接近し、昨年3月に交際が発覚。たびたびツーショットがキャッチされ、プエルトリコのラッパー・レシデンテによるカップルたちのキスをフィーチャーしたミュージックビデオにも登場するなど、仲睦まじい様子が伝えられていた。

[PR]

 約10か月の交際にピリオドを打った2人について、関係者は「ベンとアナはもう付き合っていません。彼女から別れを切り出したんです。アナはロサンゼルスを拠点にした生活を望んでいませんでしたが、子供たちがロスに住んでいるベンに選択肢はありませんでした」と証言。ベンには、元妻ジェニファー・ガーナーとの間に3人の子供がいる。

 ベンとアナは、お互いの将来について何度も話し合ったといい、極めて友好的な別れだったという。2人に近い別の関係者は「彼らは、人生において別の場所にいますが、そこには深い愛と尊敬があります。ベンは自分のすべきことに取り組みたいと考えていますし、3つの仕事を持ち、家庭では良き父親でもある。2人とも、今の生活に満足しているんです」と語ったという。

 かつてアルコール中毒に苦しんだベンは、同じくアルコールの問題に苛まれた男が高校の弱小バスケットボール部の立て直しに奮闘するスポーツドラマ『ザ・ウェイバック』の演技が高く評価され、賞レースでの活躍も期待されている。また監督としても、米ディズニーが製作するベストセラー小説「Keeper of the Lost Cities」の映画化作品など、複数の企画が進行しており、仕事ぶりは順調。一方のアナも『007』は公開延期中だが、マリリン・モンローの伝記映画『ブロンド(原題) / Blonde』や、ライアン・ゴズリングクリス・エヴァンスが共演するアクション『ザ・グレイ・マン(原題) / The Gray Man』などの新作がNetflixで配信予定となっている。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]