シュワちゃんのイケメン息子、血まみれでブチ切れ…イマジナリーフレンド・スリラー『ダニエル』新カット

映画『ダニエル』より新カット
映画『ダニエル』より新カット - (C) 2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 妖しくも美しい“空想の友達(イマジナリーフレンド)”を題材にしたスリラー映画『ダニエル』から、ハリウッド期待の二世俳優たちによる狂気の熱演を捉えた新カットが公開された。アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーは血まみれ&怒りの形相で叫び、ティム・ロビンススーザン・サランドンの息子マイルズ・ロビンスは驚愕の表情で涙を流すなど、衝撃的な展開を予感させるものだ。

【画像】血まみれ…『ダニエル』新カット

 主人公は、孤独な幼少期を過ごしていたルーク(マイルズ)。心に大きな傷を負った彼の拠り所は、ダニエル(パトリック)という名の、自分以外には見えない親友の存在だった。ある事件をきっかけにそんな“空想の親友”を封印したルークだったが、時が経ち不安と孤独にさいなまれたことでダニエルを呼び起こす。カリスマ性にあふれたダニエルは孤独なルークにとって再び唯一の理解者となるが、やがて全てが順調に進み出し、ルークはダニエルを必要としなくなる。しかし、ダニエルはそれを許さなかった……。

[PR]

 メガホンを取ったアダム・エジプト・モーティマー監督は、ルーク役のマイルズについて「知的で感情的な理解力が備わっており、ユーモアがあって、良い意味で変人なところもあった」と彼が持つエネルギーに惹かれたと明かす。マイルズ本人はルークよりもダニエルを演じたがっていたというが、モーティマー監督は「その事実もルーク役にぴったりの特性だと感じた」といい、「ダニエルの魂に踏み込むことができるかという点も見たかったので、マイルズにはルークとダニエル両方の役でオーディションを行いましたが、彼は本作におけるテーマ、特に“若い男性がどうやって他人や世界と関わりを持つか”についても十分理解していました」と振り返っている。

 一方、「完璧さと欲望を“悪魔的なもの”に捻じ曲げたような存在。ある種不可解なほど象徴的で、ゴージャスな青年」だというダニエルは、「完璧な身体性と自信を体現」していたパトリックが演じている。パトリックはダニエルを演じるにあたり、服装や髪形などについても積極的にアイデアを出したそうで、モーティマー監督は「ダニエルが“何かの生きものである”ことを認識して役づくりしてくれたおかげで、地に足の着いた人間的なキャラクターでは決してできないような瞬間が生み出されていきました」と称賛した。

映画『ダニエル』は2月5日より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャイン(池袋)ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]