アカデミー賞国際長編映画賞、日本代表『朝が来る』は落選

第93回アカデミー賞

惜しくも候補入りならず『朝が来る』
惜しくも候補入りならず『朝が来る』 - (C) 2020「朝が来る」Film Partners

 米映画芸術科学アカデミーは現地時間9日、第93回アカデミー賞の国際長編映画賞 (旧外国語映画賞)を含む9部門のノミネート候補作を発表。日本から出品されていた河瀬直美監督の『朝が来る』は候補から外れた。

14歳で妊娠した少女の人生は…『朝が来る』フォトギャラリー

 93か国の出品作から、国際長編映画賞の最終投票に進んだ15作品には、マッツ・ミケルセンが『偽りなき者』のトマス・ヴィンターベア監督と再タッグを組んだデンマーク映画『アナザー・ラウンド(原題) / Another Round』や、グアテマラの社会派ホラー『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』などが選出。『朝が来る』は惜しくもノミネートを逃した。これからさらなる投票を経て、ノミネート作品が決定する。

[PR]

 現在も上映中の『朝が来る』は、直木賞作家・辻村深月の小説を原作に、特別養子縁組で男児を迎えた夫婦と、子供を手放した幼い母親の葛藤と人生を描く人間ドラマ。永作博美井浦新が男児を家族に迎え入れる夫婦を、若手実力派の蒔田彩珠が子供を身ごもる少女を演じた。

 第93回アカデミー賞のノミネーション作品は、現地時間3月15日に発表予定。授賞式は、新型コロナウイルスの影響により、例年より約2か月遅れとなる4月25日に開催される。(編集部・入倉功一)

第93回アカデミー賞国際長編映画賞部門のノミネート候補作は以下の通り。

『クオ・ヴァディス、アイダ?(原題) / Quo Vadis, Aida?』(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
『ザ・モール・エージェント(英題) / The Mole Agent』(チリ)
『シャーラタン(原題) / Charlatan』(チェコ)
『アナザー・ラウンド(原題) / Another Round』(デンマーク)
『トゥ・オブ・アス(原題) / TWO OF US』(フランス)
『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』(グアテマラ)
『少年の君』(香港)
『サン・チルドレン(英題) / Sun Children』(イラン)
『ナイト・オブ・ザ・キングス(英題) / Night of the Kings』(コートジボワール)
『アイム・ノー・ロンガー・ヒア(英題) / I’m No Longer Here』(メキシコ)
『ホープ(英題) / Hope』(ノルウェー)
『コレクティヴ(英題) / Collective』(ルーマニア)
『ディア ・コムラーツ!(英題) / Dear Comrades!』(ロシア)
『ひとつの太陽』(台湾)
『皮膚を売った男』(チュニジア)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]