瑛人『トムとジェリー』吹替版で初の映画主題歌!きっかけは親友の存在

友人の存在がオファーのきっかけ! トムとジェリーと瑛人
友人の存在がオファーのきっかけ! トムとジェリーと瑛人 - (C)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

 昨年、シングル「香水」で大ブレイクしたシンガーソングライターの瑛人が、生誕80周年を迎える人気アニメーションシリーズをハリウッドで実写化した『トムとジェリー』の日本語吹替版主題歌として、新曲「ピース オブ ケーク」を書き下ろした。

【動画】『トムとジェリー』が実写に!予告編

 瑛人が映画の主題歌を担当するのは今回が初めて。「オファーをいただいた時はびっくりしました。誰もが知っている、もちろん僕も知っている『トムとジェリー』の日本語吹替版の主題歌を担当できるなんてうれしくて、やりたーい! という気持ちになりました。映画館で僕の歌が流れるなんて信じられないです」と喜びを語っている。

[PR]

 オファーのきかっけは、テレビ番組である友人の存在を明かしたこと。「いつもケンカしてるけどすぐ仲直りする、まさにトムとジェリーみたいな関係の親友がいます。そういう関係っていいですよね。ちなみに、そいつによくいたずらを仕掛けているので僕がジェリーですね」という瑛人は、トムとジェリーの関係性を象徴する「大嫌いだけど、好き」という日本版ポスターのキャッチコピーも念頭に楽曲を制作。「しかも誕生80周年、というのは8(エイト)が入っていて縁を感じました(笑)」と語っている。

 本作では、ニューヨークの高級ホテルで行われる、世界的なセレブカップルのウエディングパーティーを成功させるため、ケンカばかりのトムとジェリーがまさかのタッグを組むことに。日本語吹き替え版では、二匹のドタバタに巻き込まれてしまう新人ホテルスタッフ、ケイラ(クロエ・グレース・モレッツ)の声を水瀬いのりが担当。そのほか、木村昴大塚芳忠千葉繁坂本真綾日野聡浪川大輔新谷真弓ら豪華声優が集結している。(編集部・入倉功一)

映画『トムとジェリー』は3月19日より全国公開

実写版「トムとジェリー」日本オリジナル予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]