中村倫也、北川景子への“景ちゃん”呼びを芳根京子に譲る!

倫ちゃん!
倫ちゃん!

 中村倫也が11日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『ファーストラヴ』初日舞台あいさつに出席。中村は取材などでも、主演を務めた北川景子のことを「景ちゃん」と呼んでいたが、その呼び方を芳根京子に譲ると宣言した。舞台あいさつには、窪塚洋介板尾創路堤幸彦監督も出席した。

【写真】北川景子、あなうつくしや…『ファーストラヴ』初日舞台あいさつ

 直木賞作家・島本理生のサスペンスミステリーを堤幸彦監督が映画化。女子大生・聖山環菜(芳根)が父親を殺害し「動機はそちらで見つけてください」と言い放つセンセーショナルな事件を追う公認心理師や弁護士の姿を通して、さまざまな愛の形を問う。

[PR]

 北川演じる由紀の義理の弟で弁護士である庵野迦葉を演じた中村。劇中では、事件を起こしてしまった環菜にのめり込んでいく由紀の姿を客観的に見ている立場だが、この日は、これまでのプロモーション活動などを見ていて、芳根が北川に対して強い愛を向けていることに「芳根さんの北川さんへの愛が強すぎる」と言及。

 中村の発言に笑顔を見せた芳根は「中村さんが北川さんのことを“景ちゃん”って呼んでいるのを羨ましく思っていて、わたしも“景さん”って呼ばせてもらうようにしたんです」と打ち明けると「この映画の撮影のとき、わたし自身も悩んでいることがあったのですが、そんな心を景さんが癒してくれたんです。たくさんの愛をいただきました」と熱い思いを吐露。すると中村は芳根に「いいよ、あげるよ“景ちゃん”」と発言し、会場をわかせた。

ファーストラヴ

 中村は堤監督や製作スタッフの大きな愛も感じたそうで、エンドロールで流れる芝居について「撮影中、堤監督から突然台本にない10行以上もあるセリフを渡されたんです」と裏話を披露すると「いきなりなのでゾッとしたのですが、監督から『迦葉が普段働いている姿を見せたい』と言われて、登場人物のそういった背景までしっかりとすくいあげてくれようとするアイデアに愛を感じました」と感謝を示していた。(磯部正和)

映画『ファーストラヴ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]