三石琴乃、“三日月型の花”に感激!共演者が感謝伝える

三日月型!
三日月型!

 声優の三石琴乃が11日、丸の内TOEIにて行われた『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《後編》』の公開記念舞台あいさつに共演者の福圓美里野島健児松岡禎丞と登壇した。

【写真】セーラームーン声優、公開直前イベントに集結!

 本作は武内直子によるコミックの劇場版で、原作漫画の4期「デッド・ムーン編」を描くシリーズの後編。三石は90年代テレビアニメシリーズ放送時から月野うさぎの声を担当し、作品を引っ張ってきた。この日は共演者から感謝の気持ちを込め、“月”をかたどった花をサプライズでプレゼントされ、感無量の表情を見せた。

[PR]

 舞台あいさつ終了間際、福圓が登壇者を代表して舞台袖にはけ、ガーベラなどを使った三日月型の花を押して舞台に再登場した。三石は「誕生日でもないのに……」と花を前に驚きの表情。「ガーベラ大好き。綺麗。似合います?」と笑顔を見せ、自ら三日月の花の輪の中に顔を入れて嬉しそうにポーズを決めた。

 照れ臭そうな三石に、松岡は「幼稚園の頃から知っている作品で、三石さんと現場で一緒に仕事したり、そばにいさせてもらえることが感無量でした。これからもぜひうさぎとしてこの作品を守っていってください」と声をかける。

 タキシード仮面/地場衛役の野島も「いつも支えてくれてありがとうございます。久しぶりの収録になると、ちゃんとタキシード仮面になれるかなって不安になることがあるんですけど、三石さんがいるだけで自然となれる。これからもよろしくお願いいたします」とメッセージ。

 福圓も「接すれば接するほど明るくて、ちょっと抜けているところもあって、元気で母性もあふれている。うさぎちゃんは琴乃ちゃんそのものだなって思います。これからも一生琴乃ちゃんにはうさぎちゃんであり続けてほしい」と続けた。

 三石は「わたしのことはいいのよ。初日の方が大事」と謙遜しつつも、「でもみなさんの気持ちが嬉しい」とにっこり。「今日はとても素敵な日になりました。みなさんとその気持ちを共有できていることが二重に嬉しい。ありがとうございました。この作品のおかげで今わたしはここに立てている。本当に感謝です」と笑顔で話していた。(取材・文:名鹿祥史)

『劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」《後編》』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]