井浦新・斎藤工・渡辺真起子ら参加 ミニシアター支援オンラインイベント開催

「ミニシアターパーク」の斎藤工・渡辺真起子・井浦新
「ミニシアターパーク」の斎藤工・渡辺真起子・井浦新

 井浦新斎藤工渡辺真起子らが発起人となり、俳優たちを中心にコロナ禍のミニシアターを支援するプラットフォーム「ミニシアターパーク」が15日、オンラインイベント「Mini Theater Park DAY」を2月23日(14時~)に開催すると発表した。

 2020年に「SaveTheCinema」や「ミニシアター・エイド基金」などの活動とほぼ同時に立ち上がった「ミニシアターパーク」では、ミニシアターを応援する動画の制作や、各種オンラインディスカッションなどを開催している。今回のイベントでも、全国のミニシアターをオンラインでつないだディスカッションを実施するほか、メイン会場にさまざまなゲストを招致。俳優とミニシアターとの出会いをオンライン上で創出し、映画館、劇場文化の再認識をはかる。

 井浦たちがMCを務め、ナビゲーターを映画解説者の中井圭が担当。映画感想TikTokerのしんのすけ、映画好きYouTuberもっちゃんなどのゲストを招いてイベントを盛り上げる。文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」として開催され、配信チケットは500円。収益は引き続き、全国のミニシアターを応援する活動に使われる。ミニシアターパークのコメントは以下の通り。

[PR]

【ミニシアターパーク・コメント】
 
2020年、世界中がCOVID-19で、命を落とされた方々、ご家族、ご友人をなくされた皆様へ、 心からお悔やみを申し上げます。
また、決定的な治療方法、予防方々が見つからない日々、暮らしのライフラインを守るため、働きに出ている皆様、特に医療従事者の方々へ、心からの感謝とエールを贈らせていただきたいと思います。
去年、1年間、その存在をどう受け止めていいのか不安なまま時間が過ぎていき、今もまだその状況は続いています。
生活は一変し、長いロックダウンを決定した国、日本のように国民に自粛を要請した国、世界の対応はさまざまでした。
演者たちの仕事場である、劇場が閉まり、映画館もまたしまっていました。 その状況が今でも続いている国々もあります。
日本は、幸いにも演劇公演や映画館は再開しましたが、その継続は厳しい状況にあります。
去年の5月から、始まりました、日本全国の映画館を応援していく活動、ミニシアターパーク。
応援動画が、完成しました。俳優たちから、映画館へのラブレターです。
そして、映画館を携える、地域の皆様に、あなたのまちの映画館を、わたしのまちの映画館を再発見していただきたいと思い、小さい声かもしれませんが、たくさんの声を届けたいと思いました。
そして、私たちから、始まった活動を少しでも多くの方へ届けたいと思いました。 コロナ禍の中で、不安や、ストレス、孤独を感じた皆様へ、どんな方達にも、届きますようにと。
映画の主人公は、その作品を受け取っていただく観客の皆様なのではないでしょうか。 私たち、俳優の仕事は、映画は、お芝居は、その作品を受け止めてくださる方々を得て初めて出来上がるのだと思います。
物語の先をご一緒に、紡いで行けましたら幸に存じます。 そんな機会を、今の状況を乗り越えた先に、また得られますようにと願いを込めて。 ミニシアターパーク、本当にパークを開きます。どうか、遊びに来てください。

「ミニシアターパーク presents Mini Theater Park DAY ~ミニシアターを通じて繋がる1日~」は2月23日(火・祝)14時スタート(18時終了予定) 配信チケット:500円

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]