吉田羊&國村隼が父娘役でW主演 独身のカリスマの実体験に基づく「生きるとか死ぬとか父親とか」テレ東深夜枠で放送

「生きるとか死ぬとか父親とか」で父娘にふんする吉田羊&國村隼
「生きるとか死ぬとか父親とか」で父娘にふんする吉田羊&國村隼 - (C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

 ラジオパーソナリティー、コラムニスト、作詞家として活躍するジェーン・スーのエッセイに基づく連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」が、テレビ東京の深夜枠「ドラマ24」(毎週金曜深夜0時12分~)で4月9日より放送されることが16日、明らかになった。愛嬌はあるが自由奔放な70代の父と、勝気な40代半ばの娘の愛憎をコミカルかつ切なく描く物語で、吉田羊國村隼が父娘役でダブル主演を務める。

 吉田演じる主人公・蒲原トキコは20年前に母を亡くし、今では父・哲也(國村)が唯一の肉親。かつては父と顔を合わせればギクシャクし、一度は絶縁寸前にもなっていたが、今では時々外食しながら話をする関係になっていた。そんなある日、トキコは父についてのエッセイを連載することになり、ネタ集めのため父に会うたびに、母との出会い、全財産の喪失、他の女性の影など、楽しいばかりではない家族の記憶が浮かび上がっていく。

 ジェーン・スーは、自身のラジオ番組の「お悩み相談のコーナー」でも人気を博しているが、ドラマの劇中にも人気ラジオ番組「トッキーとひと時」が登場。ラジオシーンのセリフはすべてジェーン・スーによる監修のもと制作される。

[PR]
原作書影と原作者ジェーン・スー

 ジェーン・スーをモデルにしたトキコを演じる吉田は、自身も四年前に母を亡くしており「反発ばかりでしたが、それが母の愛を求める裏返しだったと気付いたのは母が亡くなる直前のこと。もっとこうすれば良かったという後悔は未だに沢山。と同時に、健在の父に対しては、そんな思いはしたくないという決意のようなものは、スーさんと同じかなと思います。なので、トキコを演じながらも、私自身の人生を生きている感覚。スーさんは書くことで、私は演じることで、皆さんは視ることで、それぞれの家族と向き合い、何かしらのヒントが見つかれば幸いです」とコメント。

 國村も「企画を拝見して、まさに今を捉えた内容だと思いました。〈家族〉のかたちも様々になり、昔のように二十何歳かで娘は嫁にいき、また親は息子やその嫁と同居なんてちょっとしたファンタジーになりつつあります。ジェーン・スーさんの原作は親の世代も子供の世代もそれぞれの暮らしやすさを追い求めながら、またそれゆえの衝突もあり、少しの苦みとゆるやかな愉しみのなかで人生は過ぎて行く、そんな面白さをまざまざと描き出していきます」と原作、ドラマの企画の魅力に触れている。

[PR]

 メイン監督は、映画『21世紀の女の子』(2019)『ホットギミックガールミーツボーイ』(2019)などの山戸結希。脚本を、『溺れるナイフ』(2016)で山戸監督と組んだ井土紀州が務める。

 主演の吉田、國村、原作者のジェーン・スー、山戸監督、プロデューサーの佐久間宣行祖父江里奈のコメントは下記の通り。(編集部・石井百合子)

吉田羊(娘・蒲原トキコ役)
 言葉豊かで聡明なジェーン・スーさんを、私のようなものが演じさせて頂いていいものかと正直尻込みしました。けれど、読ませて頂いた原作と脚本がとても素敵で、何より、スーさんとお父様がとっても可愛くて、この親子の魅力を、私を通じて皆さまにお伝え出来たらと、願うような気持ちでお引き受け致しました。お父さん役の國村さんとは、9年ぶりの共演です。穏やかで軽やかで、よく通る口笛を吹きながら現場入りされ、関西人ならではの話術でおもしろ話をいつも聴かせてくださいます。尻尾を掴ませない飄々とした佇まいは、どこか今回の「お父さん」にも通じていて、「してやられた!」と最後は笑って許してしまう、そんな人間力をお持ちの方です。不思議なもので、親子を演じていると似てきて、同じタイミングで空を見上げたり、ため息をついたり、口元を拭ったり...今回、密度の濃い撮影のため、日一日と互いの円が重なっていくのが面白いです。その重なりを求めたスーさんの思いを、我々親子が演じることで素敵に表現出来たらいいなと願っています。私自身も、四年前に母を亡くしています。反発ばかりでしたが、それが母の愛を求める裏返しだったと気付いたのは母が亡くなる直前のこと。もっとこうすれば良かったという後悔は未だに沢山。と同時に、健在の父に対しては、そんな思いはしたくないという決意のようなものは、スーさんと同じかなと思います。なので、トキコを演じながらも、私自身の人生を生きている感覚。スーさんは書くことで、私は演じることで、皆さんは視ることで、それぞれの家族と向き合い、何かしらのヒントが見つかれば幸いです。家族、友人、恋人、仕事...日々私たちを悩ませるあれこれに響くスーさんの正直で的確な言葉たちに、そしてこの親子の「小さな一大事」に、ぜひ会いに来てください。ふっと心が軽くなりますよ。どうぞお楽しみに。

[PR]

國村隼(父・蒲原哲也役)
 企画を拝見して、まさに今を捉えた内容だと思いました。〈家族〉のかたちも様々になり、昔のように二十何歳かで娘は嫁にいき、また親は息子やその嫁と同居なんてちょっとしたファンタジーになりつつあります。ジェーン・スーさんの原作は親の世代も子供の世代もそれぞれの暮らしやすさを追い求めながら、またそれゆえの衝突もあり、少しの苦みとゆるやかな愉しみのなかで人生は過ぎて行く、そんな面白さをまざまざと描き出していきます。共演する吉田羊さんは、軽やかに過酷な現場を楽しんでおられて、私もそのおすそ分けを頂いている気分になってしまいます。台本を読みながら、そして演じながら、したいことはするしかない。しかしそのしっぺ返しは甘んじて受けるんだぞ。肝(はら)は括っておくもんだ。という人生の教訓・三カ条を頂いたと思っております。そんな訳で、私にとってこの父親役は十年ほど先の年齢になりますが、今のうちに、自分自身がどんな齢の重ね方をしたいのか?と、考えてみるきっかけにもなりました。ま、そうそう答えは出ませんけれど。ドラマをご覧頂いた皆様のご感想をお聞かせください。大人になってからの親子の物語、ほんわか甘苦いです。

[PR]

ジェーン・スー(原作者)
 父と私の、ごく私的な日常が映像になるなんて!父にとっても私にとっても、身に余る光栄です。ドラマ化にあたり、創作していただいたフィクション部分も大変気に入っています。そして、まさか吉田羊さんにジェーン・スーを演じていただけるとは。「ジェーン・スーを美しく修正すると吉田羊さんになる」と友人から言われたことがあり、恐縮ながら嬉しい気持ちでいっぱいです。國村隼さんに父を演じていただけること、天国の母も喜んでいると思います。大人になり、親との関係の紡ぎなおしを考え始めたみなさんに楽しんでいただけたら光栄です。

山戸結希(監督/シリーズ構成)
 勇気と優しさに満ちたジェーン・スーさんの素晴らしい原作エッセイを、名作を生み出してきた『ドラマ24』にてお届けできることを光栄に思います。日々、繊細な手仕事に向き合う現場のスタッフさん、3~8話を監督される、聡明であたたかなまなざしを宿す菊地さん、数年前から議論を重ね、この場所に導いてくださった佐久間さん、全12話にわたって、血と実感を通わせてくださった脚本の井土さん、そして一刻一刻と輝きを重ねる俳優部の皆さん、どの方が欠けても、このドラマシリーズではあり得なかったように、沢山の方々の力を電波に乗せ、お届けできることを願います。「より正しく生きたい」と望みながらも、間違ってしまうことこそが、人間の本性であるーーそのことを、何度でも思い出しながら撮れたならと。

[PR]

佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)
 生きているだけで、家族なだけで、なんとたくさんの悩みや戸惑いがあるのだろうか。ジェーン・スーさんの著作やラジオの中には、それらを乗り越える知恵と勇気がたくさん詰まっています。その源泉は一体何なのかと考えていました。原作「生きるとか死ぬとか父親とか」を読んで気づきました。それもまた家族なのかもしれない。老いていく東京という街で、老人と中年のおもしろい父娘が、生きていく。その姿を國村隼さんと吉田羊さんが演じ、山戸結希監督が綴っていく。平日にたまった心の重荷が、すっと軽くなるようなドラマをお届けできれば嬉しいです。

祖父江里奈(テレビ東京プロデューサー)
 「独身のカリスマ」であるジェーン・スーさんの言葉はまさに独身アラフォーである私には身体の芯にまで染み入るものばかりです。恋愛や仕事だけでなく「家族」というものに向き合うこの物語は、単に口当たりの良い言葉だけで語られない、人生のほろ苦さにあふれています。ぜひ、毎話冒頭に描かれるラジオの人生相談のシーンを楽しみにしていてください。様々なお悩みに真摯に向き合つつ、笑いを交えて鮮やかに解決していく「ジェーン・スー無双」を吉田羊さんが完全再現しています。

ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」は4月9日より放送スタート・深夜0時12分~テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州で放送(テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜放送予定)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]