本好き必見!ブックセラーたちの世界に迫ったドキュメンタリー4月日本公開

ニューヨークの小さな書店の扉をモチーフにしたポスタービジュアル
ニューヨークの小さな書店の扉をモチーフにしたポスタービジュアル - (c) Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

 世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から、本を愛するブックセラーたちの世界に迫ったドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』が、4月23日より日本公開される。ブックセラーとは、本を探し、本を売り、本を愛する人々のこと。本作にはニューヨークの老舗書店員から、業界で名を知られたブックディーラー、希少本のコレクター、古書業界に新しい風を吹き込む若手から伝説の人物まで、本への愛情にあふれたユニークな人々が登場する。

【画像】ナレーションを務めた女優パーカー・ポージー

 さらには、ビル・ゲイツが競り落とした恐ろしく高価な「レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿」や、「若草物語」のルイザ・メイ・オルコットが偽名で書いたパルプ小説、宝石が施された本、人間の皮膚で作られた本など、コレクターしか見ることのできないような希少本が多数紹介されるのもたまらない魅力。映画の要所要所には、辛辣でありながらユーモラスな語りで知られるニューヨーク派の作家フラン・レボウィッツマーティン・スコセッシ監督のNetflixドキュメンタリーシリーズ「都市を歩くように -フラン・レボウィッツの視点-」など)も登場する。

[PR]

 監督は、ドキュメンタリー畑で活躍してきたD・W・ヤング。製作総指揮とナレーションを務めたのは、『ブロークン・イングリッシュ』などの女優パーカー・ポージーだ。(編集部・市川遥)

映画『ブックセラーズ』は4月23日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]