浅野忠信&真田広之登場!映画「モータルコンバット」破壊描写満載の予告編!

『モータル コンバット(原題)』公式Twitterのスクリーンショット
『モータル コンバット(原題)』公式Twitterのスクリーンショット

 海外で絶大な人気を誇る人気ゲームを再びハリウッドで実写化する映画『モータル コンバット(原題) / Mortal Kombat』の年齢制限付き予告編が、米ワーナー・ブラザースのYouTubeチャンネルや映画の公式Twitterで公開された。 浅野忠信真田広之演じるキャラクターも登場する。

【閲覧注意】『モータル コンバット(原題)』海外版公式Twitter

 「モータルコンバット」は、個性的なキャラクター同士の駆け引きと、“フェイタリティ”と呼ばれる残虐なトドメ演出で知られる対戦格闘ゲーム。現在に至るまでゲームファンの間で高い人気を誇っており、1995年に『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督によって映画化。1997年にはジョン・R・レオネッティ監督による『モータルコンバット2』が公開された。

[PR]

 新たな映画版では『ソウ』『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンがプロデューサーを務め、新鋭グレッグ・ルッソが脚本を担当。胸に龍のアザを持つ、地球の総合格闘家コール・ヤングが、外界からの強敵との戦いに備え、自身に秘められた力を追い求める。浅野は地球を守る雷神・ライデン役、真田はスコーピオンことハサシ・ハンゾウ役で出演。コマーシャルで活躍してきた、サイモン・マクオイドが長編監督デビューを果たす。
 
 予告編では、氷を操る暗殺者サブゼロが凍らせた相手の腕を破壊したり、スコーピオンが容赦なく敵の脳天に刃を突き立てたりと、人体破壊描写が満載。ゲームさながらの表現に期待ができる仕上がりだ。

 『デッドプール2』でシャッタースターを演じたルイス・タンが、主人公コール・ヤング役を務めるほか、ソニア・ブレイド役でジェシカ・マクナミー、カノウ役でジョシュ・ローソン、ジャクソン・"ジャックス"・ブリッグス役でメカッド・ブルックス、リュウ・カン役でルディ・リン、シャン・ツン役でチン・ハンらが出演。サブゼロ/ビ・ハンは『ザ・レイド』のジョー・タスリムが演じる。

 アメリカでは 4月16日より劇場公開と同時に HBO Max でストリーミング配信される。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]