バスキアとウォーホルの関係を描く映画が始動

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジャン=ミシェル・バスキア、アンディ・ウォーホル
ジャン=ミシェル・バスキア、アンディ・ウォーホル - Rose Hartman / Getty Images、Brownie Harris / Corbis via Getty Images

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家アンソニー・マクカーテンの戯曲「ザ・コラボレーション(原題) / The Collaboration」を基に、画家ジャン=ミシェル・バスキアとポップアートの旗手アンディ・ウォーホルの関係を描く映画が始動しているとDeadlineが報じた。

【画像】バスキア誕生の秘密に迫るドキュメンタリー『バスキア、10代最後のとき』フォトギャラリー

 脚本は、マクカーテンが自身の戯曲を基に執筆。1980年代、バスキアとウォーホルのクリエイティブな関係と対照的な信念が、どのように彼らの仕事への推進力に変わっていったかを描く。2022年にロンドンで同舞台の初演が終了してから、撮影に入る予定。バスキア役とウォーホル役を誰が務めるのか、注目される。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]