吉沢亮×北村匠海!舞台「マーキュリー・ファー」で兄弟の愛の物語に挑む

吉沢亮と北村匠海の共演で再上演!
吉沢亮と北村匠海の共演で再上演!

 イギリスの劇作家フィリップ・リドリーが2005年に書き下ろし、日本では2015年に白井晃の演出で上演された舞台「マーキュリー・ファー」が、キャストを一新して2022年1月~3月に再演されることが発表された。白井が再び演出を担当し、吉沢亮北村匠海が出演。過酷な状況下で生きる兄弟の愛の物語に挑む。

【画像】森山未來&北村匠海&勝地涼がボクシングの構え!

 本舞台は、暴力と略奪がはびこる荒れ果てた世界であぶりだされる人間の本質を鋭く突きつけるとともに、生きること、愛することを渇望する人間の美しさを描く。吉沢と北村は、兄弟のエリオットとダレンをそれぞれ演じる。ストーリーは以下の通り。

[PR]

 ボロボロの部屋にエリオットとダレンの兄弟がやって来る。ふたりは急いでパーティの準備にとりかかる。そこに青年がひとり偶然顔を出し、「バタフライ」がほしいので手伝うと言う。しばらくするとローラと呼ばれる美しい人物と、パーティの首謀者らしき男が謎の婦人を連れてやって来る。彼らの関係は……? そして彼らの会話の中で語られる、バタフライの秘密とは……? やがて、きょうのパーティゲストが到着するが、用意した「パーティプレゼント」に異変が起きて、事態は思わぬ展開に……。

 本作はリドリーのほか作品と比較して、より過激な表現、より挑発的なセリフが次々と繰り出される作風で、極限状態に置かれた人間の残酷さが描かれる。日本では2015年にシアタートラムで初めて上演されたが、今回は世田谷パブリックシアターで上演される。長野、新潟、兵庫、兵庫、愛知ほかでのツアー公演も行われる。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]