V6が解散発表 森田剛はジャニーズ退所へ「僕たちの気持ちは一つです」

※画像はイメージです
※画像はイメージです - iStock.com / Epitavi

 人気アイドルグループ・V6が、2021年11月1日をもって解散することが明らかになった。3月12日、ジャニーズ事務所公式サイトで発表された。森田剛は現在の事務所を退所することが決定しており、坂本昌行長野博井ノ原快彦三宅健岡田准一は引き続きジャニーズ事務所に所属して個人で活動する。

【写真】V6のメンバーたち

 2019年春頃からデビュー25周年に向けてメンバーが話し合うなかで、森田は「これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という意志を明かし、他のメンバーはその思いを受け止め、尊重することで一致したという。

[PR]

 ジャニーズ事務所は「最終的には、メンバー自身、自分たちが追求してきたエンターテイメントに納得することができたため、より一層の成長を考えたときに、次のステップに挑戦したいという気持ちが芽生えたこと、そして『この6人でなければV6ではない』という思いが6人の中で一貫していたことから決断することができました」と解散という結論に至った経緯を説明している。

 なお、V6は解散するが、グループ内ユニットの 20th Century(坂本、長野、井ノ原)は存続。Coming Century(三宅、森田、岡田)はV6の解散をもって活動終了となる。

 V6はメンバー全員の名前で「僕たちV6は、2021年11月1日をもちまして、解散します。まだまだ落ち着かない日々が続く中、このような報告をさせていただくことをどうかお許しください。この決断は決して後ろ向きなものではなく、僕たちがより成長し、次のステップに進むためのものです」とファンに向けてのメッセージを発表。

 続けて、「僕たち6人が築き上げた、他人でも友達でも家族でもない、特別で大切な関係。それをいつも笑顔で見守ってくれる皆さんとの絆は、今後も変わることがないと信じています。今もなお、メンバー同士、冗談を言い合える日々が続いていることに感謝し、残された時間を大切なファンの皆さんとどう過ごしていけるのか、日々話し合っていきたいと思います。僕たちの気持ちは一つです」とつづり、「最後になりますが、V6を愛してくれてありがとうございました。見守ってくれてありがとうございました。まだまだ、僕たち6人にしか出来ないことを追求していきます。懲りずに応援していただけたら幸いです。心からの感謝を込めて」という言葉で締めくくった。(湯田史代)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]