新作ロボットアニメ「境界戦機」2021年秋開始!

工業デザインを意識したロボットアニメ「境界戦機」始動
工業デザインを意識したロボットアニメ「境界戦機」始動 - (C)2021 SUNRISE BEYOND INC.

 株式会社 BANDAI SPIRITS は16日、アニメーション制作会社 SUNRISE BEYOND とタッグを組んだ、オリジナルロボットアニメーション「境界戦機」を2021年秋に公開すると発表した。同社のYouTubeチャンネルでPVも公開された。

アニメ「境界戦機」PV

 両社が企画の立ち上げから企画・製作まで携わった本作は、4つの経済圏によって分割統治された、西暦2061年の日本を舞台に、人型特殊機動兵器AMAIM(アメイン)によるバトルを描くロボットアニメ。16歳の機械好きの少年・椎葉アモウが、自律思考型AI「ガイ」と出会ったことをきっかけに、自ら組み上げたAMAIM「ケンブ」に乗って、日本を取り戻す戦いに身を投じる。

[PR]

 AMAIMのメインメカデザイナーには、工業デザイナー・奥山清行が率いる KEN OKUYAMA DESIGN を迎え、「従来のロボットメカデザインとは一線を画すリアルさと機能美が感じられる特徴的なメカデザイン」を実現。BANDAI SPIRITS では、アモウが搭乗するAMAIM・ケンブを、1 / 72 スケールのプラモデル「HG(ハイグレード)」シリーズとして放送開始時期に合わせて発売予定。また、完成品フィギュアシリーズ「ROBOT 魂」でも商品化される。

BANDAI SPIRITS が主人公の機体・ケンブをプラモデル化※開発中の設計データを使用したCG (C)2021 SUNRISE BEYOND INC.

 監督は『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』シリーズなどの羽原信義。シリーズ構成は「ガンダムビルドダイバーズ」などの木村暢。キャラクターデザインを大貫健一が手がける。(編集部・入倉功一)

[PR]

「境界戦機」あらすじ

西暦2061年、日本は支配された。
4つの世界主要経済圏によって分割統治されるに至り、
日本人は隷属国の人間として虐げられる日々を送っていた。
日本は各経済圏が投入した人型特殊機動兵器AMAIMが闊歩する世界の最前線となった。
機械好きの少年、椎葉アモウは、ある日、自律思考型AI「ガイ」と出会う。
これをきっかけに、アモウは日本を取り戻すための戦いに身を投じることになる。
自ら組み上げたAMAIM「ケンブ」に乗って。

【境界戦機PV】SUNRISE BEYOND × BANDAI SPIRITSが送る本格ロボットアニメーション!2021年秋 本格展開開始! » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]