『パシリム』ジョン・ボイエガ、ガンプラ購入でうきうき顔!日本は「天国」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いい趣味してる? ジョン・ボイエガ - Chris Jackson / Getty Images

 新作映画『パシフィック・リム:アップライジング』のプロモーションのため来日していた、イギリス出身の俳優ジョン・ボイエガが25日、秋葉原やお台場のガンダム立像を訪れたり、アニメ「ガンダム」のプラモデルを購入したりと、日本を満喫する様子をInstagramにアップした。

うっきうきなジョン・ボイエガ

 『スター・ウォーズ』新3部作のメインキャラ・フィン役でも知られるボイエガ。日本のアニメ・特撮に多大な影響を受けた『パシフィック・リム』の主演らしく、Instagramで秋葉原の街角に立つ姿をアップ。「ガンダム」のプラモデルを眺める様子や、お台場にある「THE GUNDAM BASE TOKYO」を訪れ、実物大のユニコーンガンダム立像を眺める姿も披露した。ちなみにガンダム立像は、初代の「RX-78-2ガンダム」が立っていたころに前作を監督したギレルモ・デル・トロが訪れたこともある。

[PR]

 さらにボイエガは、アニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に登場する敵モビルスーツをモデル化した「HGUC 1 / 144 ネオ・ジオング」をゴキゲンで持ち帰る動画もアップ。税込み価格2万7,000円の巨大プラモとなっており、「マジで天国にいるところだよ!」という本人のコメント通り、オタクの聖地を満喫したようだ。

 『パシフィック・リム:アップライジング』は、『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロが、日本のアニメや特撮への愛を込めて生み出したアクション大作の続編。今回はスティーヴン・S・デナイト監督のもと、人類を襲う巨大生物KAIJUに、人型巨大兵器イェーガーで立ち向かう若きパイロットたちが描かれ、ジョンのほか、クリント・イーストウッドの息子スコット・イーストウッド菊地凛子新田真剣佑らも出演する。(編集部・入倉功一)

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は4月13日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]