今夜「にじいろカルテ」最終回!涙のキスの理由は?

外科医・朔役の井浦新&主人公の医師・真空役の高畑充希&看護師・太陽役の北村匠海
外科医・朔役の井浦新&主人公の医師・真空役の高畑充希&看護師・太陽役の北村匠海 - (C) テレビ朝日

 高畑充希主演で北村匠海井浦新らが共演するドラマ「にじいろカルテ」(毎週木曜よる9時~テレビ朝日系)が今夜、最終回を迎える。

真空が倒れる…最終回【写真】

 「にじいろカルテ」は、朝ドラ「ひよっこ」などの岡田惠和が脚本を手掛けた医療ヒューマンドラマ。病を抱えて、山奥の小さな村の診療所にやってきた医師・紅野真空(高畑)が、風変わりな外科医・浅黄朔(井浦)と看護師・蒼山太陽(北村)と共同生活を送りながら、個性豊かな村人たちと触れ、時に泣き、喧嘩しながら、命に向き合い成長していくストーリー(以下、最終回のあらすじに触れています)。

[PR]

 真空が虹ノ村診療所にやってきてから、お互いの過去を知り、患者の命と向き合い、性別や年齢を超えて強い絆を育んできた真空、朔、太陽。最終回では、虹ノ村の新たな謎の住人・藤田(柄本時生)が、「足が痛い」と苦しみながら診療所に駆け込んでくる。

 さらに、脚立から落ちた西川(脇知弘)や様子がおかしい佐和子(水野久美)、骨折したらしいまじょたく(池田良)まで次々にやってきて、緊急手術が行われることに。嵐のように忙しくなった診療所で、真空の体調もケアしながら、見事なコンビネーションで患者たちを救っていく。

 「私たち、最強の3人だよね」と笑顔で食卓を囲んでいたある晩、突然真空の顔色が変わり、床に倒れ込んでしまう。倒れた真空と、朔と太陽は涙ながらに“3人の約束”を交わす。その内容は? そして、涙とともに交わされたキスの理由とは? 真空を待ち受ける運命が、ついにクライマックスを迎える。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]