横浜流星、料理人役のため2か月練習!新ドラマ役づくりに奮闘

 俳優の横浜流星が17日、オンライン開催された火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系にて4月20日より毎週火曜よる10時放送、初回15分拡大)のリモート制作発表会見に出席。本作での役づくりなどを語った。

横浜流星、壁ドン・あごクイ・お風呂ショットも【フォトギャラリー】

 本ドラマは綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロイン・真柴くるみ(川口春奈)が、価値観の違う人々と1つ屋根の下で暮らす中で自分らしい生き方を見出していくラブストーリー。「恋はつづくよどこまでも」などで知られる金子ありさが脚本を手がける。この日は川口、横浜のほか、共演者の丸山隆平中村アン飯尾和樹山下美月乃木坂46)、高橋文哉向井理夏川結衣も登壇した。

[PR]

 横浜はくるみと1つ屋根の下で暮らす、シンプルを追求するミニマリスト・藤野駿を演じる。「キッチンカーでバルを運営する料理人という設定。ヒロインの真柴くるみとは真逆の性格で、2人の掛け合いにぜひ注目してほしいです」と自らの役をアピール。ドラマについても「恋愛だけでなく、人間ドラマが濃く描かれていて新しい火曜ドラマになっていると思います。みなさんの心の癒やしや励みになるようなドラマになれば」と期待を込める。

 藤野駿を演じるにあたっては役づくりにも熱心だったという横浜。この日出席した出演者はそれぞれシェアハウスで共に暮らすメンバーと、くるみの勤める会社のメンバーの2班に分かれていたが、撮影中は接することがないくるみの会社のメンバーともすでに面識があるそう。「僕が勝手に、クランクインする前に、会社の方たちのシーンも見させてもらっていたので、もう面識があるんです」と直接絡まない撮影現場にまで熱心に見学に訪れていたことを明かした。

 また、料理人役として、ドラマ内で披露する横浜の包丁さばきが共演者の間で話題になっているというが、これは事前に練習して習得したとのこと。横浜は「料理は今までしてこなかったんです。この作品を通じてはじめました。2か月くらい練習したんですけど、自炊もしてこなかったので、一から教えていただきました」と紹介。「一番得意なのは玉ねぎを切ることです」とも話して笑顔を見せた。

[PR]

 駿はテンションが高い役でもあり、性格面の表現も難しかったとのこと。「駿は自分にないものを持っているんです。監督からは三枚目で、明石家さんまさんや大泉洋さんのような路線でやってほしいと言われていました。難しいなって思いました」と照れ笑い。「でも今はようやく馴染んで楽しくやれるようになってきました」といい、「もっともっと駿を魅力的に演じていきたい。僕自身そんなに明るくないんです。でも、『ウッ!』て(踏ん張ってテンションを)あげて頑張っています」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]