川口春奈、奮闘するヒロインに!横浜流星も「心を打たれる」

 女優の川口春奈が17日、オンライン開催された火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系にて4月20日より毎週火曜よる10時放送、初回15分拡大)のリモート制作発表会見に出席した。

横浜流星、壁ドン・あごクイ・お風呂ショットも【フォトギャラリー】

 本ドラマは綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていた“着飾る女”こと真柴くるみ(川口)が、シンプルを追求するミニマリストの藤野駿(横浜流星)ら価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く。この日は川口、横浜のほか、共演者の丸山隆平中村アン飯尾和樹山下美月乃木坂46)、高橋文哉向井理夏川結衣も登壇した。

[PR]

 川口は演じたヒロインの真柴くるみについて「着飾って努力して、自分磨きをする、健気な女の子。演じながら応援したくなるような真っ直ぐな女性だと思いました」と感想を述べる。くるみは「インフルエンサーで常に携帯を手にしている役」だといい、「今っぽく新しいなって思います。とにかく頑張る子なんです。社長のために、会社のためにって。その姿をぜひ応援してもらいたいです」と視聴者に呼びかけた。

 「“着飾る女”とのキャッチコピーですが、ただ意味もなく自分を取り繕っているだけと思われたくないんです。見る人に共感してほしいし、彼女の頑張る姿を意味のあるものとして泥臭くやりたいと思っています」とこだわりを持って演じているといい、横浜も「真柴の一生懸命奮闘している姿はキュンというか、ドン! ドシン! ときます。心を打たれます」とエールを送る。

 また、本作の主題歌を星野源が書き下ろしていることも注目されている。主題歌の詳しい情報などは初回放送時に明かされるが、川口は「ポップでキャッチーな感じかと勝手に想像していたら、すごくしっとり聴かせる感じの素晴らしい歌声でした。ドラマの主題歌というのは作品を作る上で世界観を作ることにも貢献するし、主人公の心情に寄り添うものでもあるんです。そういう意味で、声が素敵だなと改めて思いました」とコメント。横浜も「歌詞もめちゃくちゃ深くて、よりこの作品を高めてくれるもの。早くみなさんに聞いてもらいたい」と語った。

 会見ではほか、川口らとシェアハウスで共に生活するアーティストの卵・羽瀬彩夏役の中村が撮影のために30センチ髪を切ったことも話題に上がった。中村は「この撮影と髪を切りたいタイミングがちょうど重なったので決意しました」とその理由を明かし、「気持ちいいです。軽いですし」と短くなった今の髪型がすっかり気に入っている様子だった。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]