「バチェラー」主役、ゲイ公表 女性出演者たちに謝罪

コルトン・アンダーウッド
コルトン・アンダーウッド - Matt Winkelmeyer / Getty Images

 アメリカの人気恋愛リアリティ番組「バチェラー」シーズン23で主役を務めたコルトン・アンダーウッド(29)が、ゲイであることを公表した。現地時間14日放送の米ABC局の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」で語った。

【画像】「バチェラー」でのコルトン・アンダーウッド

 「バチェラー」は、一人の独身男性が主役となり、多数の女性候補者の中から未来の結婚相手を選び抜く恋愛リアリティ番組。コルトンはその男女逆転版である「バチェロレッテ」シーズン14(2018)に候補者として出演し、最後の4人まで残るも脱落。その後、翌年放送の「バチェラー」シーズン23の主役に抜てきされた。同番組ではキャシー・ランドルフとカップルになるも、2020年5月に破局を発表していた。

[PR]

 コロナ禍が自分を見つめ直すきっかけになったというコルトンは、「僕は長い間、自分自身から逃げてきました。ずっと自分が嫌いだったんです。僕はゲイです。今年初めにそのことに折り合いを付け、対処してきました。次のステップは、人々に知らせることだったんです。まだ不安ではありますが……」と声を震わせながら告白。自身のセクシュアリティに深く悩んで自殺を考えたこともあったというが、公表することができた今は、かつてないほど「幸せで健康的」だと晴れやかな顔を見せた。

 「バチェラー」で彼とデートした女性たちが、このことをどう思うかについては重々承知しているという。「自分でも何度も考えました。バチェラーを務めたことを後悔しているか? ああいうやり方にしてしまったことを後悔しているか? はい、僕は後悔しています。僕が本当の自分を見つけるまでのゴタゴタに、人々を巻き込まずに済んだらどんなによかっただろうと考えるんです。心からそう思います。女性たちみんなに謝罪します。だけど同時に『ありがとう』とも伝えたいんです。彼女たち、そして『バチェラー』シリーズなしでは、こうしてカミングアウトできたかわからないですから」と語っていた。(朝倉健人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]