佐藤二朗、山田孝之は「日本の最高峰の俳優」脚本も書き換えて監督作への出演を打診

山田孝之、坂井真紀、佐藤二朗
山田孝之、坂井真紀、佐藤二朗

 佐藤二朗が原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演した映画『はるヲうるひと』(6月4日公開)の完成報告会見が28日に都内で行われ、佐藤が主演の山田孝之を「日本の最高峰の俳優」と称賛した。この日は佐藤と山田とともに、共演者の坂井真紀今藤洋子笹野鈴々音が登壇した。

映画『はるヲうるひと』佐藤二朗監督コメント&特報映像【動画】

 本作は、佐藤が主宰する演劇ユニットの「ちからわざ」で2009年に初演され、2014年に再演された舞台を山田主演で映画化。架空の島の売春宿を舞台に、生きる手触りが掴めず、死んだ様に生きる男女がそれでも生き抜こうともがく壮絶な闘いを描く。佐藤が売春宿があちこちにある島で店を仕切る3兄妹の長男の哲雄、その次男の得太を山田が演じる。

[PR]

 山田は出演への決め手を問われ、佐藤の脚本が素晴らしかったことを理由に挙げる。「脚本を読んで純粋に面白かった。二朗さんが脚本を書いた時点で、(自分の演じる)得太はもう存在していて、その得太が孤独であまりに可哀想で、寄り添ってあげないといけないという気持ちが芽生えました。もちろん二朗さんが監督だというのも出演を決めた理由です」と思いを明かす。

 だが、すぐには出演を快諾したわけでなく、一度は断ったともいう山田。「全力で100パーセントでやらないといけない役だなと、一度お断りもして。というのも、全編通して関西の言葉で話していて、方言の先生に教えてもらって役をやるのは無理だなと思いました」と当時の心中を振り返る。佐藤は「関西人の演技は関西弁でやるべきという孝之の言うことはすごくよくわかった。でも僕は孝之が日本の最高峰の俳優だと思っていたので、孝之がやってくれるならと脚本を書き換えた」と関西弁を喋る設定を変えてまで山田の出演にこだわった経緯も紹介した。

 また、山田は得太を演じることの辛さがあったそうで、「撮影が終わって2年経って、この映画の取材を受けた時にひたすら辛かった時期のことを話さないといけなくて、本当に思い出したくなかった。得太のことを思い出しながら話すのが辛くて、しかも、映画の中では彼らの人生はまだ終わっていない」と得太が背負う人生の重荷が今もあるとのこと。山田は「だからこの映画に関しては観てくださいっていうより、一人でも多くの人に得太を知ってほしいという気持ちです」とコメントした。

[PR]

 佐藤も、山田が役に入るあまり撮影中に一日中泣いていたあった日があったことなどを回顧。その上で約5年をかけて完成させたことに感慨深げな表情を見せ、「撮影期間中、孝之と飲んでいる時に、俳優みんなでなんとかこの映画を面白くしようとしてくれているのがわかった。それを孝之に言ったら『スタッフもですよ』と言われて。この作品の撮影は僕にとっては夢のような時間だったんだなと思います」と語った。(取材・文:名鹿祥史)

映画『はるヲうるひと』は6月4日よりテアトル新宿ほか全国公開

映画『はるヲうるひと』佐藤二朗監督コメント&特報映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]