小栗旬、当て書きの刑事役でカッコよさを自画自賛

映画『キャラクター』(6月11日公開)の完成報告会に出席した小栗旬
映画『キャラクター』(6月11日公開)の完成報告会に出席した小栗旬

 俳優の小栗旬が26日、東京・港区のグランドハイアット東京で行われた映画『キャラクター』(6月11日公開)の完成報告会に出席し、監督を務めた永井聡の要望通りに“カッコいい”役どころを演じきれたことを自画自賛した。この日は小栗と永井監督とともに、主演の菅田将暉、共演者のFukaseSEKAI NO OWARI)、高畑充希中村獅童、原案・脚本の長崎尚志も来場した。

菅田将暉、Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬ら集結!イベントの様子【写真】

 本作は、悪を描けない漫画家・山城圭吾(菅田)が、偶然目撃した猟奇的な殺人犯・両角(Fukase)を参考に漫画のキャラクターを生み出すも、やがて漫画をなぞるような事件が次々と発生し、人生が翻弄されるさまを描いたサスペンス。本作で小栗は、山城が描いた漫画「34」と事件の関連性にいち早く気づき、その真相を探る刑事・清田俊介を演じた。

[PR]

 事前に永井監督から「渋くてカッコいい小栗さんが欲しい」と言われていたという小栗。しかし、台本の読み合わせの日に「監督から『もう少しカッコいい小栗さんがいいですね』と言われて。全力でカッコつけていいんだと思って、全力でカッコつけたら……カッコいいんですよね」と冗談めかして自画自賛。永井監督は、「(清田役は)当て書き。小栗さんを想像して書いていたので、お芝居を観たときに自分の想像よりちょっとカッコ悪いな、もっと俺の小栗旬はカッコいいはずと思いました」と当時の胸中を語った。

 そんな小栗について、清田とともに警部補の真壁孝太を演じる中村は「カッコよすぎて勉強になりました。『カッコつけてくれ』と言われて、あんなにすぐにカッコつけられるのはすごい」と称賛。さらに「去り際にクールに笑ってほしい」という永井監督のリクエストも軽くキメて、「カッコいい~!」と女性スタッフをメロメロにしていたことも明かして「うらやましいと思ったし、見習わなければいけないと思った」と吐露。一方で、小栗から「真壁班長は激シブでしたよ」と褒められると、「本当ですか? ありがとうございます」と嬉しそうに笑みを浮かべた。

キャラクター

 そんな二人のやり取りを前列で聞いていた菅田は「こんな大先輩の二人なので、後ろ向くのが怖いんですよ。金剛力士像みたいに鎮座していて……」と恐縮しつつ、「後輩として、たくさん甘えましたし、撮影現場でいろんなお話ができたことが幸せなことだと思いました」と感謝の気持ちをのぞかせた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]