アニメ『100日間生きたワニ』公開延期が決定

公開延期が決定した『100日間生きたワニ』
公開延期が決定した『100日間生きたワニ』 - (C) 2021「100日間生きたワニ」製作委員会

 東宝株式会社は10日、5月28日に予定していた、神木隆之介が主演声優を務めるアニメーション映画『100日間生きたワニ』の公開を延期すると発表した。

『100日間生きたワニ』フォトギャラリー

 同社並びに製作委員会は「新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして、公開を延期させていただきます。作品の公開を楽しみにお待ちいただいていた皆様には誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。今後の公開予定については、決定し次第、東宝オフィシャルサイトで発表される。

 本作は、SNSで話題を呼んだ、きくちゆうきの4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」をアニメ映画化。何気ない日常をつづったワニの100日間と、大切なものを失った仲間たちの100日後を描き出す。監督・脚本は『カメラを止めるな!』の上田慎一郎と、アニメーション監督のふくだみゆき夫妻。主人公・ワニ役の神木のほか、ネズミ役で中村倫也、モグラ役で木村昴、ヒロインのセンパイ役で新木優子、新キャラクター・カエル役で山田裕貴、イヌ役でファーストサマーウイカ、バイトちゃん役で清水くるみらが参加する。(編集部・入倉功一)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]