杉咲花「99.9-刑事専門弁護士-」映画版ヒロインに 新米弁護士役で松本潤と映画初共演

映画版ビジュアル
映画版ビジュアル - (C)2021「99.9-THEMOVIE」製作委員会

 女優の杉咲花が、松本潤主演のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」を映画化する『99.9-刑事専門弁護士-THEMOVIE』(今冬公開予定)のヒロインを務めることが11日、明らかになった。杉咲が演じるのは司法修習を終えたばかりの新米弁護士で、松本とは映画初共演。杉咲は出演に「もともと拝見していた好きな作品で、私も現場に参加してみたいなという思いがあったので今回お話をいただけてすごく嬉しかったです。何年もかけて過ごされてきたチームの中に参加する緊張感もありますが、『99.9』という作品のテンポ感や温度感を自分なりに汲み取って、楽しみながら頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

【動画】『99.9-刑事専門弁護士-THEMOVIE』超特報2弾

 2016年と2018年にTBS日曜劇場枠(毎週日曜夜9時~)で放送された本シリーズは、裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)99.9%とされる刑事事件を、残りの0.1%の可能性を懸けて戦う弁護士たちの物語。松本が検察から厄介者としてにらまれる型破りな弁護士・深山大翔(みやま・ひろと)を、香川照之が深山の上司で元検事のベテラン弁護士・佐田篤弘(さだ・あつひろ)を続投。これまでヒロインを、SEASON Iでは榮倉奈々、SEASON IIでは木村文乃が務めており、杉咲は3人目となる。

[PR]

 間もなく最終回(15日)を迎えるNHK連続テレビ小説「おちょやん」では主人公の昭和の喜劇女優を好演し、お茶の間で親しまれる杉咲。本作は「おちょやん」後初の映画撮影となり、弁護士役は初挑戦。演じる河野穂乃果(こうの・ほのか)は、弁護士として担当した初めての刑事事件で松本演じる深山と出会い対立するも、あることがきっかけで刑事事件ルームの一員となる設定だ。

 2月の映画化発表時には、深山、佐田のほかヒロインのシルエットが配置されたビジュアルが公開され、SNS上ではヒロイン予想が白熱。ヒロイン発表に合わせ、杉咲演じる河野穂乃果のビジュアル、並びに超特報2弾も公開された。

 ドラマ版は、2016年4月期放送のSEASON Iが平均世帯視聴率17.2%、2018年1月期放送のSEASON IIが17.6%を記録。SEASON IIの最終話の世帯視聴率は21.0%に達した(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

 杉咲のコメント全文は下記の通り。(編集部・石井百合子)

杉咲花(河野穂乃果/こうの・ほのか役)

 もともと拝見していた好きな作品で、私も現場に参加してみたいなという思いがあったので今回お話をいただけてすごく嬉しかったです。何年もかけて過ごされてきたチームの中に参加する緊張感もありますが、「99.9」という作品のテンポ感や温度感を自分なりに汲み取って、楽しみながら頑張りたいと思います。撮影現場では監督や松本さん、香川さんを筆頭に、どうしたらもっと面白くなるか? とアイデアが次から次へと生まれていくのがすごく新鮮です。面白いシーンばかりで、次の展開がはやく観たくなるような作品になっていると思いますので、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』超特報②【この冬公開‼】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]