ADVERTISEMENT

菜々緒、コーンロウ&ド派手メイクに不安も!共演者と比べ「むしろ弱い」

菜々緒のド迫力ビジュアル
菜々緒のド迫力ビジュアル - (C) 2021『地獄の花園』製作委員会

 映画『地獄の花園』(5月21日公開)に出演している菜々緒が、ヤンキーOL役でコーンロウ(編みこみヘア)と派手メイクに挑んだ心境を明かした。

 バカリズムが脚本を手掛ける本作は、すてきなOLライフに憧れる直子(永野芽郁)が主人公。直子の会社に、カリスマヤンキーOLの蘭(広瀬アリス)が中途採用されたことから、空前絶後のバトルロイヤルが繰り広げられる。菜々緒らのほか、川栄李奈大島美幸森三中)、松尾諭丸山智己勝村政信遠藤憲一小池栄子らがヤンキーOL役で出演する。

美脚!遠藤憲一、菜々緒ポーズを本人と『地獄の花園』メイキングカット

 菜々緒が演じるのは、直子の会社の開発部に所属する安藤朱里。通称“悪魔の朱里”と恐れられており、会社の一大勢力である安藤一派を束ねてOLたちを牛耳っている。鉄拳とドスの効いた罵声で相手に喧嘩を吹っ掛け、闘いに明け暮れる日々を送る。

ADVERTISEMENT
菜々緒
スタイルよすぎ !- (C) 2021『地獄の花園』製作委員会

 コーンロウと濃過ぎるアイメイク、花びらの刺繍がある特攻服に身を包み、威圧感満載の朱里について、菜々緒は「衣装合わせとヘアメイクテストの時に、ちょっとこれはやり過ぎなんじゃないかと不安になりましたが、トムスン(松尾、丸山、勝村、遠藤、小池)や、ほかの方のビジュアルの並びを見て、『あ、これじゃむしろ弱いんだ。笑』と思いました」と驚きつつも、共演者たちの迫力に圧倒されと明かし、「埋もれないようにキャラをちゃんと確立しなければいけない」と意識したそうだ。

 また、「朱里は、なんといってもド派手なコーンロウと悪魔のようなメイクが特徴。アクション練習の時にコーンロウの襟足の部分を増やして動きがつくようにしたり、回想シーンの一瞬のために1時間半かけて違うコーンロウスタイルにしてもらったりしたので、見逃さないで観てもらいたいです」とこだわりをアピールする。

 撮影はフジテレビ内で多く行われたそうで、「異様な雰囲気にテレビ関係者の人たちも驚いている感じでした」と振り返る。「すれ違う人と誰とも目が合わないのが面白かった。撮影していると自分の容姿を忘れて、トイレに行くたびに鏡の自分にいちいち驚いていました(笑)」と語っていた。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT