上白石萌歌「世にも奇妙な物語」初出演で主演!6月26日放送

上白石萌歌
上白石萌歌 - (C) フジテレビ

 「世にも奇妙な物語’21夏の特別編」が、フジテレビ系にて6月26日21時~23時10分に放送されることが決定した。初出演となる上白石萌歌が、オムニバスドラマの1つ「デジャヴ」で初主演を務める。

上白石萌歌が「世にも奇妙な物語」に!【写真】

 本番組は、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。今回は、4つのオムニバスドラマが展開される。「デジャヴ」は、両親と暮らす普通の大学生・南野ひかり(上白石)が、「デジャヴなのか?」と感じることが頻繁に起こるさまを描く。父親で脳科学者の正隆役を鶴見辰吾、正隆と大学でとある研究を行っている同僚・進藤亜紀役を玄理が担う。

[PR]

 上白石は、「以前雑誌のインタビューで、『今後の夢は?』と聞かれた時に“『世にも奇妙な物語』に出演することです”と答えたくらい、この作品に出演することは昔からの夢で、幼いころからの憧れでしたので、素直にうれしかったです。小学校のころから家族で観ていましたし、当時学校でも『世にも奇妙な物語』は話題になっていて、放送の後は友だちみんなで盛り上がっていたドラマでした」と語っている。

 撮影については、「毎日毎日汗だくで、声も極限までだして、すごく全身を使って自分のすべてを消耗していくような撮影でした。デジャヴが繰り返されていることは、演じている時点では想像するしかないので、一生懸命想像しながら演じました。とにかくよく走り、よく叫び、肉体的にも精神的にもとてもいい疲労感がありましたので、ひかりが必死にもがき苦しむ姿が、皆さんに伝わればいいなと思って、毎カット全力で取り組みました。現場では共演者の皆さんのおかげで、無理なくおびえることができて、大声も自然に張りあげることができたので、すごく感謝しています」と振り返る。

 また、フジテレビ編成部・編成企画の渡辺恒也は、「主人公・ひかり役を演じるのは、個人的には『教場』シリーズでもご一緒した上白石萌歌さん。難しい世界観をすぐに理解し、作品の根底にある“家族愛”や“勇気”というテーマを自分の中に落とし込んで、間違いのないお芝居で表現していただきました。少し複雑なお話ですが、サスペンスや謎解きの要素も含めたエンターテインメント性の高い一篇(いっぺん)になっていますので、ぜひリアルタイムで考察しながらお楽しみください!」とコメントを寄せている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]