ADVERTISEMENT

柴咲コウ、人生を考える機会が増えた 将来は「ユートピア作りたい」

パンクロック風の衣装で登場した柴咲コウ
パンクロック風の衣装で登場した柴咲コウ

 女優の柴咲コウが25日、都内で行われた映画『クルエラ』の公開直前イベントに出席。「正直に生きること」をモットーとしている柴咲は、将来、同じ理想を掲げる人たちとユートピアのような場所を作りたいという夢を明かした。

【画像】カッコいい!パンクロック風ファッションが似合う柴咲コウ

 本作は、ディズニー・アニメーション『101匹わんちゃん』に登場する悪女クルエラの誕生秘話を『ラ・ラ・ランド』などのエマ・ストーンを主演に映画化。パンクムーブメントに沸く1970年代のロンドンを舞台に、デザイナーを目指す少女エステラ(エマ)が、狂気に満ちたクルエラへと変貌していくさまを描く。

ADVERTISEMENT

 ディズニー史上最も悪名高きヴィラン・クルエラの日本版声優を務めた柴咲は、赤色を基調としたパンクロック風の衣装で登場。この日の衣装について、「特に印象に残るインパクトあるシーンで、クルエラが赤いドレスをまとっているので、今日はわたしも赤で合わせてきました」と説明する。

 プライベートで赤色の服は「気づいたら10年くらい着ていなかった」そうで、その理由を「社会で生きるために、わたしにはいろいろ足りない部分があって、調和するとか協調性とかを養いたい時期が10年くらいあったと思う」と推測する。さらに、「反動なのか、こういう情熱を感じる色をまといたくなって(いる)」と現在の心境を吐露した。

 また、「私は女、心の声に従え」という本作のキャッチコピーを挙げた柴咲は、「正直に生きられたら一番いいけど、そうはいかないという葛藤を抱えているからこそ、『心の声に従え』って本当に説得力がある」とクルエラに共感する。

 自身は心の声に従って生きているかを問われると、「正直に分析すると、生きてます」と打ち明け、「協調性も社会に必要とされることも大切だけど、自分が自分の一番の味方であり、応援者であり、支持者でありたいと思うし、それでこそ自分が生かされると思うので、これからも正直に生きていきたいと思っています」と力を込めた。

ADVERTISEMENT

 そして、「自分の人生を考える機会が増えていった」と話す柴咲は、将来の夢も告白。「東京以外にも北海道に共同ファームを持っている」そうで、「そこに意識や思いが共通している人を集めて、ユートピアみたなものができたらいいな。馬に乗って、ポロをやって、畑を耕して……みたいな」と目を輝かせていた。(取材:錦怜那)

映画『クルエラ』は5月27日より劇場公開、5月28日よりディズニープラスプレミアアクセス公開 ※プレミアアクセスは追加支払いが必要

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT