実写ドラマ「パワーパフガールズ」パイロット版が仕切り直しへ

画像は長編映画『パワーパフ ガールズ ムービー』ポスタービジュアル
画像は長編映画『パワーパフ ガールズ ムービー』ポスタービジュアル - Warner Bros. Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米CW局による、人気アニメ「パワーパフ ガールズ」を実写化するドラマ「パワーパフ(原題) / Powerpuff」のパイロットが、制作し直されることになったとDeadlineほか各メディアが報じた。

【画像】実写版「パワーパフ ガールズ」

 「パワーパフ ガールズ」は、遺伝子工学の天才ユートニウム博士の実験で誕生した、スーパーパワーを持った3人の幼稚園児たちの活躍を描いた人気アニメ。実写ドラマ版では、20代に成長したガールズたちが主人公となり、ブロッサム役にクロエ・ベネット、バブルス役にダヴ・キャメロン、バターカップ役にヤナ・ペローが起用されていた。

[PR]

 同サイトによると、CW局ではシリーズ制作を承認せず、パイロット版の再制作を決定したとのこと。キャスト陣やクリエイティブチームは変更されず、あらためてシリーズ化が検討されるようだ。同作の脚本は、ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」のヘザー・レニエと『JUNO/ジュノ』のディアブロ・コディが執筆し、グレッグ・バーランティサラ・シェクターデヴィッド・マッデンらと共に製作総指揮にも名を連ねている。

 また同局では、DCの新作ドラマ「Naomi(原題) / ナオミ」、青春スポーツドラマのスピンオフ「オール・アメリカン:ホームカミング(原題) / All American: Homecoming」のシリーズ制作にGOサインを出す予定だという。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]