大島優子、ほぼノーメイクで熱演 『明日の食卓』監督が大絶賛

短時間の撮影で記憶に残る名シーンを演じた大島優子
短時間の撮影で記憶に残る名シーンを演じた大島優子 - (C) 2021「明日の食卓」製作委員会

 菅野美穂高畑充希尾野真千子が母親役で共演する映画『明日の食卓』(5月28日公開)に、大島優子が“第4の母”役で出演していることが明らかになった。出番はほんのわずかだが、瀬々敬久監督は「まるで新しい伝説に立ち会えたような瞬間でした。大島優子、天晴れ!」と絶賛している。

メイクバッチリの大島優子と比較【写真】

 椰月美智子の同名小説を『64-ロクヨン-前編/後編』などの瀬々敬久監督が映画化した本作。同じ「石橋ユウ」という名前の息子を育てる3人の母親たちの生活が、ささいなきっかけから徐々に崩れていく。菅野はフリーライターで二人の息子を育てる留美子役、高畑はシングルマザーで大阪に暮らす加奈役、尾野は専業主婦のあすみ役を務める。

[PR]

 大島は、物語のカギを握る謎の女性・耀子役で出演。同役をほぼノーメイクで熱演している。「瀬々監督の作品に参加できる喜び、そしてかつてない緊張感を味わいながらの刺激的な現場でした」と振り返っている。

 一方、「大島優子さんは朝ドラ『スカーレット』から俄然注目していました」という瀬々監督。「後半の物語のカギを握る重要な役どころです。ただ出番はほんのわずか」と明かすと、「もしダメだったら映画の成否に関わるような重要なシーンです。それを一気にテンションの高い芝居で上り詰め、風のように去って行った。まるで新しい伝説に立ち会えたような瞬間でした。大島優子、天晴れ! です」と大島の力量に惜しみない拍手を送っている。(編集部・小松芙未)

大島優子コメント

瀬々監督の作品に参加できる喜び、 そしてかつてない緊張感を味わいながらの刺激的な現場でした。
三者三様で描かれた母の存在が圧巻で、苦しくなるほどでした。そして“第四の母”として重要な役どころで参加させていただき、とても嬉しかったです。

瀬々敬久監督コメント

大島優子さんは朝ドラ「スカーレット」から俄然注目していました。身体の動きがしなやかで華があり、それでいて良きバランスで物語を支えているのが、なんだかスゲエなと、思ってました。今回も、後半の物語のカギを握る重要な役どころです。ただ出番はほんのわずか。それでも引き受けて頂けただけで感謝でしたが、現場はもっとスゴかった。あの山本キッドの伝説の1ラウンド4秒KOかのように、僅か数時間の撮影の中で記憶に残る名シーンを演じてくれました。ただ、もしダメだったら映画の成否に関わるような重要なシーンです。それを一気にテンションの高い芝居で上り詰め、風のように去って行った。まるで新しい伝説に立ち会えたような瞬間でした。大島優子、天晴れ! です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]