藤原竜也&松山ケンイチ、共犯者役で共演!筒井哲也『ノイズ』映画化

ライバルが共犯者に! 『ノイズ』藤原竜也と松山ケンイチ
ライバルが共犯者に! 『ノイズ』藤原竜也と松山ケンイチ - (C)筒井哲也 / 集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

 俳優の藤原竜也松山ケンイチが、絶海の孤島を舞台にしたサスペンス映画『ノイズ』でダブル主演を務めることが決定した。大ヒット作『DEATH NOTE デスノート』シリーズでライバル関係を演じた2人が、今度は共犯者役で共演する。

15年前『DEATH NOTE デスノート』の月とL

 原作は、「予告犯」などの漫画家・筒井哲也が「グランドジャンプ」(集英社)で連載していたサスペンス漫画。映画は、絶海の孤島・猪狩島が舞台となり、特産品のおかげで潤い始めた過疎の島の平和が、ある男の出現をきっかけに一変するさまを描く。藤原が演じるのは、黒イチジクの生産によって島に復興の希望をもたらした青年・泉圭太。松山は、圭太の幼なじみの寡黙な猟師・田辺純を演じる。

[PR]

 妻と娘と共に幸せに暮らしていた圭太は、ある日、島を訪れた小御坂睦雄(こみさかむつお)という男と出会う。圭太と純、そして新米警察官の守屋真一郎は、小御坂の不穏な言動を怪しんで追い詰めていくが、圭太の娘の失踪を機に、誤って小御坂を殺してしまう。島と家族の未来を守ろうと、事実を隠蔽する3人。しかし小御坂は、元受刑者のサイコキラーだった。小御坂の足取りを追って県警が押し寄せる島で、第2、第3と死体が増えていく。

 『デスノート』では、キラこと神夜月と名探偵・Lとして火花を散らした藤原と松山。久々の共演について、藤原は「芝居に関しても、仕事への姿勢を見ていても、とても頼りがいのある役者になっていて、撮影中は僕自身が救われました。劇中では幼なじみの設定ですが、実際にも長年の付き合いがあるからこそ出せる独特な空気感を良い形に観せられたら良いですね」と語り、松山も「改めて演技の暴力に打ちのめされました。これがあるので竜也さんとの共演は楽しくて仕方がありません」と、互いを褒め称えている。

 2人の再共演について、プロデューサーの北島直明は「奇しくも、『デスノート』で対峙していた2人が、今度は殺人の共犯者となり死体を隠す、という事になりましたが、『デスノート』から15年経ち、着実にキャリアを積まれた、藤原さん、松山さんの共演は、とんでもないエネルギーを生み出し、緊張感、緊迫感溢れるサスペンス映画を完成させる事が出来ました」とコメント。また、原作者の筒井は「いずれも素晴らしい豪華キャストの皆様が原作のキャラクター達をどのように演じていただけるのか、本当に楽しみで今から公開を待ち侘びております」と期待をかける。

[PR]

 メガホンを取ったのは、Netflix映画『彼女』などの廣木隆一監督。藤原と松山の演技に「ヒリヒリするものが感じられて映画に深みをもたらしてくれたと思います」と太鼓判を押している。撮影は昨年10月から11月にかけて、愛知県全面協力のもと知多半島で行われ、2022年の公開を目指す。藤原竜也、松山ケンイチのコメント全文は以下の通り。(編集部・入倉功一)

藤原竜也(泉圭太役)

松ケンと作品で共演するのは本当に久しぶり。芝居に関しても、仕事への姿勢を見ていても、とても頼りがいのある役者になっていて、撮影中は僕自身が救われました。劇中では幼なじみの設定ですが、実際にも長年の付き合いがあるからこそ出せる独特な空気感を良い形に観せられたら良いですね。
廣木監督や廣木組のスタッフは一流の“職人”の様な方々で、もっと早く出会いたかったと感じられるほど、とても良い刺激を頂きました。コロナ禍の大変な時期ではありましたが、廣木組と出会い共に過ごした約1ヶ月間は、僕の財産になったと感じています。
「ノイズ」は、物語の序盤で起こる想定外の出来事を〈隠し通せるか〉という自分にとっても挑戦的な、新しいサスペンスです。揺れ動く人間の複雑な感情、未だ観たことのない独特な世界観を体感できる映画になっていると思いますので、ぜひご期待ください。

松山ケンイチ(田辺純役)

竜也さんとの共演は久しぶりですが、改めて演技の暴力に打ちのめされました。これがあるので竜也さんとの共演は楽しくて仕方がありません。知多半島ロケで沢山の方々に出会い、お世話になりました。
作品は人との出会いで後戻りできなくなった人達の話です。
どうぞお楽しみに。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]