嵐、初のライブフィルムが世界初上映!サプライズで松本潤のメッセージ映像も

大盛り上がり!
大盛り上がり! - (C) 2021 J Storm Inc.

 の20周年ツアー中に撮影されたライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が、第24回上海国際映画祭(6月11日~20日)にて世界初上映された。

嵐、5人の笑顔がやっぱりステキ!【写真】

 嵐にとって初のライブフィルムとなる本作。2018年11月から2019年12月まで1年以上にわたって計50公演を開催し、累計237万5千人動員を記録した「ARASHI Anniversary Tour 5×20」のツアー中、2019年12月23日の1日限りで開催したシューティング・ライブの様子が収められている。監督を務めたのは嵐の主演映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY』(2002)も手掛けた堤幸彦で、125台のカメラによって臨場感たっぷりな映像が記録されている。

[PR]

 今回、現在開催中の第24回上海国際映画祭の Dolby Vision 部門にて、6月12日の夜にワールドプレミアとして世界初上映が行われた。プレミアムチケットを手に入れた現地の観客200人が会場となった映画館マカライン・シネマ・ワールドが集結し、ドルビーシネマ環境でライブ映像を体感。上映前のロビーではチケットを買えたファンが嵐のグッズを掲げ、映画祭の看板の前で記念写真を撮り、一緒に歌を歌うなどの交流を行った。ライブ当日に日本まで足を運んだというファンも姿を見せていた。

 本篇上映前には観客にサプライズで、メンバーを代表して松本潤のメッセージ映像も上映。昨年、新型コロナウイルスの影響を受けて中止になった中国でのライブについても中国語を交えながら触れて「今回、映画という形にはなりますが、僕たちを待って下さっていたファンのみなさんへ、少しでも恩返しが出来たらと思っています」とコメントすると、会場では興奮して泣き出すファンも見受けられた。

 上映中は各々が持参したうちわやサイリウムを振り、スクリーンに向かって声援が飛び交うなど大盛り上がりで、上映終了後も余韻に満ちたままワールドプレミアは感動に包まれて終了した。

 なお、本作は Dolby Vision 部門では全4日間で4回上映され、Gala部門では6月17日にキャパ1,300席の大会場でも上映される予定。両部門で同時上映が行われるのは、上海国際映画祭では史上初の快挙となる。全5回分のチケット約2,000枚は発売直後に即完売しており、プレミアムチケットとなったという。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]