『オノダ(原題)』仲野太賀、イッセー尾形ら追加キャスト12名が発表

仲野太賀、イッセー尾形ら、発表になった12名の追加キャスト
仲野太賀、イッセー尾形ら、発表になった12名の追加キャスト - (C) 2021映画『ONODA』フィルム・パートナーズ(CHIPANGU、朝日新聞社、ロウタス)

 第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品を飾ることが決定している映画『オノダ(原題)』(2021年秋公開)の、追加日本人キャストが発表された。

【写真】愛すべきバカキャラ姿の仲野太賀

 本作は、任務解除の命令を受けられないまま、太平洋戦争後、約30年の間、フィリピン・ルバング島で過ごした一人の日本兵・小野田寛郎旧陸軍少尉の実話を基に、壮絶な日々を描いた人間ドラマ。フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本の合作で、フランスの新鋭実力派監督アルチュール・アラリがメガホン取った。

[PR]

 すでに明らかになっている青年期の小野田を演じる遠藤雄弥、成年期の小野田を演じる津田寛治に加え、今回発表された日本人キャストは、仲野太賀イッセー尾形松浦祐也千葉哲也カトウシンスケ井之脇海吉岡睦雄足立智充嶋田久作伊島空森岡龍ら実力派と映画監督でもある諏訪敦彦の12名。仲野が小野田に戦争の終わりを告げる鈴木紀夫を、尾形が小野田に最後の指令を命じ渡した谷口義美を演じるほか、小野田と最後まで生き残った小塚金七役の青年期を松浦が、成年期を千葉が務める。

『オノダ(原題)』
『オノダ(原題)』海外版のメインカット - (C) bathysphere

 なお、第74回カンヌ国際映画祭では、7月7日(現地時間)に公式記者会見および公式上映が行われる予定となっており、アラリ監督がワールド・プレミアの瞬間に立ち会う。(高橋理久)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]