山田裕貴、ドラケン役がハマりすぎ!『東京リベンジャーズ』で魅了される人続出

映画『東京リベンジャーズ』より(配給:ワーナー・ブラザース映画)
映画『東京リベンジャーズ』より(配給:ワーナー・ブラザース映画) - (C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

 人気漫画を実写化した映画『東京リベンジャーズ』(公開中)で、山田裕貴が演じるドラケンこと龍宮寺堅に魅了される人が続出している。

再現度すごい!『東京リベンジャーズ』キャスト一覧【ギャラリー】

 アニメ版も人気を集める和久井健の漫画「東京卍リベンジャーズ」を実写化した本作は、どん底の生活を送るフリーターの花垣武道(タケミチ)が、10年前にタイムリープし、失った元恋人を救うため、自分自身の人生を変えるため、過去への“リベンジ”に挑んでいく物語。北村匠海が主人公・タケミチを演じ、『映像研には手を出すな!』シリーズ、『賭ケグルイ』シリーズなどの英勉が監督を務めた。

[PR]

 山田が演じたのは、現在の世界で巨悪組織として知られる東京卍會(トーマン)で10年前、ナンバー2としてその名をとどろかせた龍宮寺堅(ドラケン)。山田は実際に側頭部を剃り上げて、原作キャラクターの特徴的な髪型を再現し、さらには15センチのインソールを着用して体格も近づけハードなアクションに挑んだ。

『東京リベンジャーズ』
(C) 和久井健/講談社 (C) 2020「東京リベンジャーズ」製作委員会

 そのようにして表現された山田の実写版ドラケンについて、SNSでは「ハマり役すぎて感動した」「山田裕貴くん最高だった!」と称賛の声が。「全人類ほれる」「半端なくかっこよかった」「ドラケン推しになった」「ドラケン優勝」などなど、 その魅力に陥落した観客からのコメントが続々と上がっている。 

 山田は、2011年から翌年にかけて放送された特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」のジョー・ギブケン/ゴーカイブルー役で俳優デビュー。その後、『HiGH&LOW』シリーズの村山良樹役や、ドラマ「特捜9」シリーズの新藤亮役、連続テレビ小説「なつぞら」の小畑雪次郎役など、さまざまな作品で魅力的なキャラクターを作り上げ、視聴者に支持されてきた。

[PR]

 山田の演技に対する姿勢は、常にストイックで徹底的。2020年のインタビューでは、当時30歳を目前に「まだまだ全然です」と俳優としての自分自身について語り、「これでもう大丈夫だなんて思っていたら、そこまでの人物にしかなれない。せっかくいただいたチャンスを『楽しんでやりました。よかったです』と終わらせるくらいなら、必死で悩みたい」(2020年9月14日掲載・シネマトゥデイインタビューより)と貪欲さをあらわにしていた。そうした覚悟で作品に向き合う山田は、毎度こちらの期待を超えたものを提示してくる。今回の『東京リベンジャーズ』ドラケン役も、まさにその一つだ。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]