ADVERTISEMENT

『トゥモロー・ウォー』リアルすぎるエイリアン輸送トラックが話題!SNSで大反響

エイリアンを捕獲! ホワイトスパイク輸送トラック
エイリアンを捕獲! ホワイトスパイク輸送トラック

 クリス・プラット主演のSFアクション映画『トゥモロー・ウォー』(Amazon Prime Video で独占配信中)で、都内を走行した宣伝カー「ホワイトスパイク輸送トラック」が、SNSで大反響を呼んでいる。

【動画】『トゥモロー・ウォー』予告編

 『トゥモロー・ウォー』は現在と未来を舞台に、人類を脅かす未知のエイリアン「ホワイトスパイク」との戦争を描いたSFアクション。そんな作品内容にちなんで企画されたのが「ホワイトスパイク輸送トラック」だ。1体の捕獲に成功し、トラックで輸送しているという設定のもと、荷台を透明アクリル板にカスタムしたスケルトントラックを活用し、本編に登場するエイリアン「ホワイトスパイク」をリアルに再現した等身大の特殊造形を設置。

ADVERTISEMENT

 造形にはメカニック・ギミックが搭載され、頭部が動く仕様になっており、叫び声のBGM、スモーク、スポットライトなど4D演出も施され、7月2日から15日まで渋谷、原宿、新宿エリアを走行した。

遭遇した喜びをSNSに投稿する人多数!

 この企画が反響を呼び、走行開始から1週間でTikTokでの関連動画が2,600万回再生、180万いいねを超え、Twitterでは関連ツイート3千件、リーチ数800万人に及び、「マジリアル」「神宣伝」「これのおかげで映画観た」など興奮の声が相次ぎ、海外にも波及している。

 このプロモーションを仕掛けた、映画やアニメの総合プロモーション会社「サーティースリー」のプロデューサー久保田光治氏は「作品全体ではTVスポットや交通広告など、露出面で二の矢三の矢をしっかり用意できていたからこそ、この企画では“超リアル&超SNS映え”をテーマにインパクトを残すことに振り切りました。PR・広告・SNSマーケティングを総合的に手掛ける弊社ならではの企画だったと思います。単純なSNS上でのバズではなく鑑賞意欲度を上げる一端を担える企画となった事もよかったと思います」とコメントしている。(清水一)

クリス・プラット主演『トゥモロー・ウォー』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT