ADVERTISEMENT

純烈、コロナ禍での存続危機に「負けてたまるか」 映画完成に感無量

『スーパー戦闘 純烈ジャー』のお披露目に感無量!
『スーパー戦闘 純烈ジャー』のお披露目に感無量!

 ムード歌謡コーラスグループの純烈後上翔太白川裕二郎小田井涼平酒井一圭)が26日、都内で行われた映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』完成披露舞台あいさつに来場。コロナ禍で「グループの存続をどうするべきかと考えたときに、やはりこのまま負けてたまるかという気持ちになった」という思いから生まれた本作がお披露目となり、感無量の表情を見せた。

【写真】笑顔の純烈メンバーたち!イベントの模様

 本作は、スーパー銭湯のアイドルとして人気を集める裏で、温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”として戦っていた純烈のメンバーたちが、イケメン失踪事件を独自に捜査する姿を描き出す。

ADVERTISEMENT

 この日のイベントには佛田洋監督、MCとして山本康平も登壇。本編上映後、会場に集まったファンを見た後上は「皆さん映画を観た後ということで、何かしらのジャッジを下した後だと思うと非常に緊張感が高まります」と笑いながら切り出しつつも、「でもこういう風に映画になったというのも、皆さんの力なので。どうだったのかはまた、個別で話せるイベントの時にいろいろお聞かせいただきたいと思います」とあいさつした。

 続く白川も「去年はコロナ禍ということで、なかなかコンサートができなくて。皆さんと会うことができなかったんですけれども、こうやって映画をやらせていただいて、皆さんと喜びを分かち合える作品ができて本当にうれしく思います」と晴れやかな表情。さらに小田井が「コロナ禍とはいえ、ちょこちょこコンサートとかライブをやらせていただいた時に映画の話をしていたんですけど、いかんせん公開前なので、中身のことはお話しできなかった。でもようやくお話ができる時が来ました。今後もそういう撮影秘話が聞けるかもしれませんので、純烈のコンサートの方にも足を運んでください」とアピールした。

 さらに酒井が「健康センターやキャバレーで頑張っている頃からファンの皆さんに応援していただいて、紅白歌合戦にも出させていただきました。その紅白の向こう側としてずっと思い描いていた構想がこの『純烈ジャー』でございます。皆さんにご覧いただける日は本当に僕の夢だったので、本当に今日は感謝の1日です」としみじみと付け加えた。

ADVERTISEMENT

 本作の成り立ちについて、コロナ禍でコンサートのスケジュールが空いてしまったことが大きかったと語る酒井は、「グループの存続をどうするべきかと考えたときに、やはりこのまま負けてたまるかという気持ちになった。それで山本(康平)やプロデューサーたちに集まっていただいて。また東映の撮影所で映画を作れないかと話をして。純烈のファンの皆さんにも楽しんでもらえるような、演歌、歌謡曲とヒーローが合体したような映画を作りたいと言ったのが最初でした」と振り返る。

 そんな酒井の提案に「正直、またギャグなのかなと思った」という白川だったが、「でも企画書をいただいたり、変身後のスーツアクターの映像を観ていくうちに、本当なんだなと。スタッフも一流どころが集結した。これは一生懸命やらないとバチがあたるぞということでやらせていただきました」と本作に向きあった思いを語った。(取材・文:壬生智裕)

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』は9月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT