ADVERTISEMENT

世界興収1位の中国映画『エイト・ハンドレッド-戦場の英雄たち-』日本版予告編が公開

『エイト・ハンドレッド -戦場の英雄たち-』日本版予告編 » 動画の詳細

 世界の映画興行収入で2020年の1位を記録した中国映画『エイト・ハンドレッド -戦場の英雄たち-』(11月12日公開)から、日本版予告編が公開された。

『エイト・ハンドレッド -戦場の英雄たち-』日本版予告編

 本作は、構想10年、総製作費80億円を投じて製作され、20万平米の土地に上海の街をリアルスケールで再現した歴史超大作。第二次上海事変の末期、中国軍の守備隊が命懸けで5日間の戦闘を繰り広げた「四行倉庫の戦い」として知られる実話をもとにした物語が展開される。『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』などのオウ・ハオをはじめ、『SHADOW/影武者』などのワン・チエンユエン、『山河ノスタルジア』などのチャン・イー、『さらば復讐の狼たちよ』のジャン・ウーのほか、日本軍司令官役として中泉英雄が出演。映画『X-MEN:フューチャー&パスト』などのVFXスーパーバイザー、ティム・クロスビーが参加し、『ロクさん』『愛しの母国』などのクワン・フーが監督を務めた。

 公開された日本版予告編では、1937年の日中戦争下の上海で、爆撃、銃撃が飛び交う中で戦う兵士たちが登場する一方、橋の向こうでは安全区域にいる市民や外国人たちがその姿を見守り、天国と地獄のような対比が描かれる。最後の砦として倉庫に立て篭もる兵士たちの目的は、“守り抜くこと”そして“生き延びること”。「1人でも生き残れば 名誉は失われない」というセリフからも、本編で描かれる運命にもてあそばれる兵士たちの悲哀がうかがえる内容になっている。(高橋理久)

ADVERTISEMENT
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT