ADVERTISEMENT

ジョニー・デップ主演『MINAMATA-ミナマタ-』新カット&本予告映像が公開!

映画『MINAMATA-ミナマタ-』でジョニー・デップがユージン・スミスに
映画『MINAMATA-ミナマタ-』でジョニー・デップがユージン・スミスに - (C) 2020 MINAMATA FILM, LLC (C) Larry Horricks

 ジョニー・デップが主演を務める映画『MINAMATA-ミナマタ-』(9月23日公開)の場面カットと本予告映像が新たに公開された。

真田広之、國村隼、美波、加瀬亮も!『MINAMATA-ミナマタ-』場面カット【写真】

 本作は、日本における水俣病の惨事を世界に伝えたアメリカの写真家ユージン・スミスの日本での取材を描く人間ドラマ。1971年から1974年の3年間にわたり、水俣で暮らしながら公害に苦しむ人々の日常と、闘いの日々を撮影した写真家の姿が描かれる。『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』などの製作を務めたアンドリュー・レヴィタスが監督を手掛け、ジョニーとともに真田広之國村隼美波加瀬亮などが出演する。ジョニーは製作も務めている。

ADVERTISEMENT

 公開された本予告映像は、世界的な評価を得ながらも戦争で心に傷を抱えた写真家ユージン・スミス(ジョニー)のもとに、アイリーン(美波)が訪ねる場面から始まる。危機にある水俣の状況に驚愕しながらも、その実態を世界に伝えるため、人々と共に立ち上がるユージン。彼の目とカメラを通し、苦悩の瞬間に浮かぶ一瞬の命の輝きや、困難を乗り越えようとする人々の固い絆が、坂本龍一の楽曲にのせて映し出されていく。

 あわせて場面カットも新たに公開。ジョニーをはじめ、チッソに補償を求める活動のリーダーであるヤマザキ役の真田、チッソの社長役の國村、ユージンのパートナーとして、強い信念を持ち存在感を放つアイリーン役の美波、水俣病の症状に苛まれるキヨシ役の加瀬、水俣病の被害で生まれつき目が見えず話せない娘を持つマツムラ夫婦役の浅野忠信岩瀬晶子、ユージンとカメラで心を通わす水俣病患者の青年シゲル役の青木柚、ユージンの写真家としての腕を信じる「LIFE」の編集長ロバート・ヘイズ役のビル・ナイの姿が切り取られている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT