ADVERTISEMENT

韓国版『ジョゼ虎』予告編が公開!犬童一心監督が絶賛「ジョゼは、永遠だ」

韓国版『ジョゼと虎と魚たち』予告編:ハン・ジミン&ナム・ジュヒョクが共演 » 動画の詳細

 同名日本映画を韓国でリメイクした『ジョゼと虎と魚たち』(10月29日公開)から、予告編と場面写真が公開された。

『ジョゼと虎と魚たち』予告編

 田辺聖子の小説を基にした日本版は、足の不自由な女性ジョゼ(池脇千鶴)と大学生の恒夫(妻夫木聡)の恋を描き、数々の映画賞を受賞した青春恋愛映画の金字塔。韓国版では「知ってるワイフ」のハン・ジミンと「スタートアップ:夢の扉」のナム・ジュヒョクがダブル主演を務め、メインキャラクターのジョゼとヨンソクを演じる。

ADVERTISEMENT

 このたび公開された予告編は、ハン・ジミン演じるジョゼの一人語りから始まり、同居人のおばあさんの手助けのために家を訪れたヨンソク(ナム・ジュヒョク)にお礼の料理をふるまう場面が映し出される。好意を悟られないように、ジョゼはついキツイ言葉を放ってしまうが、この出会いの後もヨンソクは度々ジョゼの家を訪れ、徐々に心の距離を縮めていくことに。韓国版のエンディングは日本版とは異なるといい、二人の恋の行方に期待が高まる。

 また、日本版のメガホンを取った犬童一心監督は「ジョゼは、永遠だ。韓国で生まれたジョゼにも溢れる魅力があって、心うたれる。彼女の強がりや、不器用さや、諦めや、欲望や、優しさや、何もかもが忘れられない。日本の『ジョゼと虎と魚たち』の『恋』はぶつかるように描いたけど、韓国の『恋』は慈雨のように沁みてきた。ジュヒョクさんとジミンさんの演技に目を見張りました。素晴らしいです」とコメントを寄せた。(須田璃々)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT