ADVERTISEMENT

高畑充希、大先輩への暴言に謝罪も「エンジンが掛かってしまって…」

高畑充希「少しでも気持ちが軽くなっていただければ」
高畑充希「少しでも気持ちが軽くなっていただければ」

 高畑充希が11日、シネスイッチ銀座で行われた映画『浜の朝日の嘘つきどもと』の公開記念舞台あいさつに出席し、共演した大先輩である柳家喬太郎に暴言を吐くシーンに高揚してしまい、歯止めが掛からなくなってしまったことを明かした。この日の舞台あいさつには高畑と喬太郎のほか、大久保佳代子タナダユキ監督も登壇した。

高畑充希&大久保佳代子ら登壇!舞台あいさつの様子【写真】

 福島県相馬市に実在する映画館「朝日座」を舞台に、映画『百万円と苦虫女』『ロマンスドール』などのタナダ監督がオリジナル脚本で挑んだ本作。さまざまな災禍を免れ、街の人々に愛されてきた歴史ある名画座が閉館の危機に直面しながらも、存続のために奔走する姿を描く。

ADVERTISEMENT

 劇中には、高畑が演じた茂木莉子が映画館を閉鎖しようとしている喬太郎ふんする支配人に「黙れジジイ!」と暴言を吐く印象的なシーンがある。クランクイン初日にこのシーンを撮影することになっていた高畑は「台本にあるので、ごめんなさい」と喬太郎に謝罪したものの、暴言を吐きまくるうちに喬太郎の顔が可愛らしく見てきたという。「どんどんエンジンが掛かってしまって……」と歯止めがきかなくなったことを明かした。

 高畑は「反省しています」と改めて謝罪したが、喬太郎は「そもそも、いつも『黙れジジイ!』って言われているので」と冗談ぽく笑いつつ、「高畑さんみたいな可愛い子にそんなこと言われて快感でした。この時間がずっと続けばいいと思っていたんです」と発言して客席を笑わせる。

 そんな高畑は、ウィキペディアで喬太郎が「キョンキョン」と言われていることを知り、撮影中に一度は「キョンキョン」と呼びたかったものの、実際にはできなかったそう。それでも「ようやく今日、師匠が『呼んでいいよ』と言ってくれたので、さっき舞台裏で呼ばせていただきました」と満面の笑みを浮かべる。喬太郎は「もう恥ずかしいね、本家の小泉今日子さんに言われたときも恥ずかしかったですが、それ以来の衝撃がありました」と顔を真っ赤にした。

ADVERTISEMENT

 コロナ禍が続き、混とんとした世の中が続くが、高畑は「この映画の撮影は、昨年の自粛期間明け最初のお仕事で、自分の気持ちがただならないなか、タナダ監督の映画愛と、福島の空気感に癒されました。映画公開時にはよくなっているといいなと思っていましたが、まだまだ世知辛い世の中が続いています。そんななか、映画館を出たあと、少しでも気持ちが軽くなっていただければ」と作品に込めた思いを語った。(磯部正和)

映画『浜の朝日の嘘つきどもと』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT